ここから本文です。

更新日:2023年3月27日

雨水拡充管などの整備

札幌市では、10年に一度程度の大雨(1時間雨量35mm)を排水することを目標に、昭和53年に策定したアクアレインボー計画に基づいて雨水拡充管やポンプ場の整備を進めており、整備が完了した市内の面積割合は9割に達しています。

アクアレインボー計画

現在進めている雨水拡充管整備事業

平岸地区

平岸地区は、地下鉄平岸駅や国道453号線などの主要幹線道路を有した交通機能が集積した地区ですが、平成26年に道路冠水が発生するなど、過去にたびたび浸水被害が発生していることから、10年確率降雨35mm/hへの対応を目標に、雨水拡充管の整備を進めています。

【事業の概要】

事業期間

令和元年度~令和5年度

事業内容

雨水拡充管約3kmの整備

 

 平岸

なお、本事業は国の補助制度である「大規模雨水処理施設整備事業」を活用し、計画的に整備を進めています。

平岸地区大規模雨水処理施設整備事業計画(PDF:697KB)

中の島地区

中の島地区は、国道453号線などの主要幹線道路を有した交通機能が集積した地区ですが、平成26年に床上浸水が発生するなど、過去にたびたび浸水被害が発生していることから、10年確率降雨35mm/hへの対応を目標に、雨水拡充管の整備を進めています。

【事業の概要】

事業期間

令和4年度~令和7年度

事業内容

・雨水拡充管の設計

・雨水拡充管約1kmの整備

中の島地区

なお、本事業は国の補助制度である「大規模雨水処理施設整備事業」を活用し、計画的に整備を進めています。

中の島地区大規模雨水処理施設整備事業計画(PDF:491KB)

窪地など雨水が集まりやすい場所への対応

周囲に比べて土地が低い窪地などでは、降った雨が集まりやすく、また、下水道から雨が溢れやすいことから、被害が大きくなりやすいため、周囲の地形状況などに応じた個別の対策を進めています。

窪地

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市下水道河川局事業推進部下水道計画課

電話番号:011-818-3441