ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康(からだ・こころ) > たばこ対策(受動喫煙対策・禁煙支援)

ここから本文です。

更新日:2021年5月25日

たばこ対策(受動喫煙対策・禁煙支援)

お知らせ

改正健康増進法の全面施行により、2020年4月1日から、2名以上の人が利用する施設は、原則屋内禁煙になりました。

  •  施設の種類によって、選択できる受動喫煙対策が異なります。対策の内容については、受動喫煙対策ハンドブック(施設管理者編)をご覧ください。
  •  屋内に喫煙できる場所がある施設は、標識の掲示義務があります。標識のデータをこちらからダウンロードし、印刷してください。
  •  さっぽろ受動喫煙防止宣言に賛同される方や団体の登録受付をしています。詳細についてはこちらをご覧ください。

 

受動喫煙防止の運動を広めるため、宣言への賛同を募集しています。

受動喫煙防止のための法令上のルールをご紹介しています。

啓発品や啓発活動をご紹介しています。
施設の出入口に掲示する標識のデータなどをご紹介しています。

たばこが健康に与える影響についてご紹介しています。

本編・施設管理者編に分け、受動喫煙対策を解説しています。

禁煙に役立つ情報をご紹介しています。

令和3年度新規事業です。

札幌市たばこ対策マスコットキャラクター「スーナ」のページです。

禁煙施設登録や各種調査結果をご紹介しています。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所健康企画課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5151

ファクス番号:011-622-7221