ホーム > 観光・産業・ビジネス > 入札・契約 > 札幌市建設工事請負契約約款第26条5項(単品スライド条項)の運用について

ここから本文です。

更新日:2022年8月4日

札幌市建設工事請負契約約款第26条5項(単品スライド条項)の運用について

 札幌市建設工事請負契約約款第26条5項(単品スライド条項)に基づく請負代金額の見直しを円滑に行うことができるよう、取扱いを定めています。

令和4年7月1日付けの改定について

これまでの運用ルール

・工事材料の価格増加分は、受注者から提出された「実際の購入価格」と「購入した月の物価資料の単価等」を比較し、安い方の単価を用いて請負代金額を変更。

新たな運用ルール

・購入価格が適当と示す証明書類を提出することで、「実際の購入価格」が「購入した月の物価資料の単価等」を上回っていても、「実際の購入価格」を変更後の単価として用いて請負代金額を変更することを可とする。

・鋼橋上部工工事特有の商慣行により、「実際の購入価格」を示せない場合は、購入時期を証明できれば「購入した月の物価資料の単価等」を用いて請負代金額を変更することを可とする。

新たな運用について

 新たな運用については、下記を参照してください。

 単品スライド条項運用基準(PDF:182KB)

単品スライドとは

 札幌市建設工事請負契約約款第26条第5項に基づき、「特別な要因により工期内に主要な工事材料の日本国内における価格に著しい変動を生じ、請負代金額が不適当となったとき」に、請負代金額の変更を請求することができる措置です。

取扱いについて

対象資材

 工事の請負代金額に大きな影響を及ぼす主要な工事材料

 詳細については、以下のページを参照してください。

 主要な工事材料の指定

様式

 請求書様式(PDF:91KB)

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市財政局管財部契約管理課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎14階

電話番号:011-211-2442

ファクス番号:011-218-5146