ここから本文です。

更新日:2019年10月29日

木造住宅の耐震設計・耐震改修工事の費用補助

令和元年度の木造住宅耐震改修工事等補助事業の受付は終了しました。

札幌市木造住宅耐震改修工事等補助事業

木造住宅(戸建住宅、長屋、共同住宅)の耐震設計及び耐震改修工事にかかる費用を補助します。

※補助の対象となる耐震設計・耐震改修工事(工事監理含む)は札幌市木造住宅耐震診断員が行ったものに限ります。

申込できる方

次の(1)及び(2)に該当する方が対象になります。

(1)補助対象の住宅を所有する方(法人にあっては代表者)

(2)市税を滞納していない方

補助の対象となる住宅

次の(1)から(7)のすべてに該当する住宅が対象になります。

(1)札幌市内にある木造の戸建住宅、長屋、共同住宅

(2)昭和56年(1981年)5月31日以前に建築又は着工されたもの

(3)在来軸組構法で建てられたもの

※在来軸組構法とは、柱、梁等の主要構造部が、木造の軸組によってつくられたものをいい、プレハブやパネル構法は含まれません。

(4)地上階数が3以下で、木造部分の階数が2以下のもの

(5)住宅部分の床面積が延べ床面積の2分の1以上のもの

(6)耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満であると診断されたもの

(7)過去に本事業による補助金の交付を受けていないもの

上部構造評点とは

上部構造評点とは震度6から7前後の大きな地震が発生した場合の住宅の耐震性を数値で表したもの。

上部構造評点 耐震性の評価
評点1.5以上 倒壊しない
評点1.0以上1.5未満 一応倒壊しない
評点0.7以上1.0未満 倒壊する可能性がある
評点0.7未満 倒壊する可能性が高い

補助対象となる事業と補助額

 

補助対象事業

改修前

改修後

補助額

耐震改修 評点1.0未満 評点1.0以上 100万円
段階改修1段階目 評点0.7未満 評点0.7以上1.0未満 60万円
段階改修2段階目 評点0.7以上1.0未満 評点1.0以上 40万円

※工事費によっては上記の補助額に満たない場合があります。詳しくはお問い合わせください。

申込期間

2019年4月1日(月曜日)から2019年9月30日(月曜日)まで
※今年度の受付は既に終了しました。

申込方法

申請書に必要事項を記載の上、必要書類を揃えて下記窓口までご提出ください。
※必要書類については、パンフレット(PDF:1,332KB)をご覧ください。

窓口 札幌市役所本庁舎2階の8番窓口

関係資料

パンフレット 札幌市木造住宅耐震化補助制度のご案内(PDF:1,332KB)
要綱 札幌市木造住宅耐震改修工事等補助事業実施要綱(PDF:516KB)
様式

【様式1】補助金交付申請書(PDF版(PDF:193KB)Word版(ワード:25KB)

【様式4】補助金交付変更等申請書(PDF版(PDF:359KB)Word版(ワード:28KB)

【様式5】申請者の変更申出書(PDF版(PDF:380KB)Word版(ワード:20KB)

【様式7】申請取下届(PDF版(PDF:262KB)Word版(ワード:20KB)

【様式9】耐震設計確認報告書(PDF版(PDF:308KB)Word版(ワード:20KB)

【様式11】完了報告書(PDF版(PDF:371KB)Word版(ワード:21KB)

【様式13】補助金交付請求書(PDF版(PDF:86KB)Word版(ワード:17KB)

【参考様式1】建築基準関係規定に適合していることを確認した旨の申出書(PDF版(PDF:73KB)Word版(ワード:24KB)

【参考様式2】耐震改修工事等に合意した旨の申出書(PDF版(PDF:68KB)Word版(ワード:24KB)

【参考様式3】札幌市に納税義務がないことの申出書(PDF版(PDF:66KB)Word版(ワード:24KB)

参考

札幌市住宅耐震化促進条例(PDF:19KB)

木造住宅の無料耐震診断

木造住宅耐震診断員派遣制度についてはこちらをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市都市局建築指導部建築安全推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎2階

電話番号:011-211-2867

ファクス番号:011-211-2823