ここから本文です。

更新日:2021年12月13日

札幌市立星友館中学校の校歌について

「ショッピングモールの歌姫」としても知られる

半﨑美子さんに制作をお願いしていた札幌市立星友館中学校の校歌が完成しました!

編曲はなんと、米津玄師やOfficial 髭男 dism など数多くのアーティストをプロデュースする札幌出身の蔦谷好位置さんです!

星友館中学校のホームページで校歌を聞くことができます!

また、校歌を制作頂いた半﨑さんからのメッセージも読めますので、是非ご覧ください!

星友館中学校ホームページ

制作依頼の理由

半﨑さんは、「サクラ~卒業できなかった君へ~」など、人の心を包み込むような曲をいくつも手がけており、学びに困りを抱えている生徒が入学する公立夜間中学の校歌の制作者に適任であると考え、依頼させていただきました。

※半﨑さんは、札幌市出身で、2019年からさっぽろ応援大使にもなっていただくなど、札幌市にゆかりの深いアーティストでもあります。

制作の状況

半﨑さんは、楽曲制作に向けて、札幌の自主夜間中学である札幌遠友塾の受講生とお話をしていただいたり、東京都の公立夜間中学を視察いただくなどの取組を行ってくださいました。

校歌の完成については11月中を予定しており、準備が整い次第、HP等でも試聴できるようにすることを予定しております。

半﨑美子さんのプロフィール

HANZAKI 北海道の大学在学中に音楽に目覚め、大学を中退し単身上京、パン屋に住み込みで働きながら曲を書き続け、歌うと会場のどこかで必ず涙を流す人がいる。そんな個性豊かな歌声とメッセージ性に富んだ歌詞、そして生き方そのものに共感する人が全国から集まり、17年間どこにも所属することなく、個人で東京・赤坂BLITZの単独公演を3年連続開催、ソールドアウトさせた。

 人の心に寄り添いながら作る歌は、全国のショッピングモールを回り歌い続け、出会った人々の人生に触れ、涙に触れて、生まれた。

 「ショッピングモールの歌姫」として数々のメディアでも取り上げられ話題となり、17年の下積みを経て、2017年4月にメジャーデビュー。

NHKみんなのうた4-5月の新曲に半﨑美子が書き下ろした「お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙」や、「サクラ~卒業できなかった君へ~」など全8品を収録したメジャー1stミニアルバム「うた弁」はロングヒットとなり、同年「第50回日本有線大賞新人賞」を受賞。

2019年5月、「明日への序奏」が教育芸術社より発売の中学生の音楽教材に掲載されたほか 天童よしみさんへの楽曲提供で話題となった曲「大阪恋時雨」は、2019年、第70回NHK紅白歌合戦でも歌われている。

現在、イオン北海道のテレビCMや店内では書き下ろした楽曲「特別な日常」も放送中であり、自分の歌が自分自身よりも長生きすることを願い、歌が教科書に載ることが一つの夢。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部夜間中学担当課

〒060-0063 札幌市中央区南3条西7丁目札幌市立資生館小学校校舎内

電話番号:011-206-8318

ファクス番号:011-218-5712