ここから本文です。

更新日:2020年4月9日

再エネ省エネ機器導入補助金制度Q&A

お知らせ

再エネ省エネ機器導入補助金制度のよくある質問ページを開設しました。

 

再エネ省エネ機器導入補助金制度に関するよくある質問

Q1 工事が終わっているものは対象になりませんか?

Q2 家(戸建)の持ち主でありませんが、申込み可能ですか?

Q3 制度を利用したいのですが、単身赴任で札幌市内に妻(または夫)しか住んでいません。

Q4 市外に住んでいますが札幌市に転居予定です。制度は利用できますか?

Q5 新築で家の工事は始まっていますが、補助対象機器は工事していません。制度を利用できますか?

Q6 工事業者が代行手続きできますか?

Q7 年度内に何度も利用できますか?

Q8 抽せんで外れました。年度内は申込みできませんか?

Q9 二世帯住宅に補助対象機器をそれぞれ設置の予定です。それぞれの世帯で申込みできますか?

Q10 二世帯住宅にそれぞれ太陽光発電と蓄電池を設置予定です。それぞれの世帯で申込みできますか?

Q11 リースで対象機器を設置したいと考えています。申込みできますか?

Q12 書類の持込みによる申請はできますか?

Q13 昨年度のecoプロジェクト補助金に当選しましたが、計画を中止しました。今年度も申込みできますか?

Q14 募集は年度内に何回行いますか?

Q15 中古住宅に補助対象機器が備え付けられているものは、申込みできますか?

Q16 購入予定のマンションに、補助対象機器が設置されていますが、申込みできますか?

Q17 現在住んでいる分譲集合住宅の設備を補助対象機器に取り換える予定ですが、申込みできますか?

Q18 太陽光発電のみの申込みはできますか?

Q19 定置用蓄電池のみの申込みはできますか?

Q20 ロードヒーティング熱源用の補助対象機器を設置する予定ですが、申込みできますか?

Q21 太陽光発電の補助金額の計算方法はどうするのですか?

Q22 定置用蓄電池の補助金額の計算方法はどうするのですか?

Q23 木質バイオマスストーブとは、どのような機器が該当しますか?

Q24 設置工事が完了しました。完了届(補助金交付申請兼完了届)に必要な添付書類は、全てそろえていなければ受付できませんか?

Q25 札幌市から令和元年度の課税がなかったので納税していません。市民税納税証明書は必要ですか?

Q26 住民票は原本を提出しなければならないのでしょうか?

Q27 新築で住民票を移します。提出するのは引っ越し後の住民票ですか?

Q28 住民票はどこで請求できますか?

Q29 新品の設置を証明できる書類とはどんなものですか?

Q30 機器設置写真はどのようなものが必要ですか?

上記以外のご質問については下記問い合わせ先にお問い合わせ願います。

本制度に関する問い合わせ先

再エネ省エネ機器導入補助金受付係

TEL:011-700-0699

【受付時間】平日午前10時~午後6時まで

(土曜・日曜・祝日及び令和2年12月29日~令和3年1月3日は受付していません)

Q1 工事が終わっているものは対象になりませんか?

A1 工事を終了し、事業者からの機器の引渡日(対象機器等取得日)が令和2年4月1日以降であれば対象になります。なお、完了届の提出期限も定めておりますのでご注意ください。完了届提出期限をご参照ください。

Q2 家(戸建)の持ち主でありませんが、申込み可能ですか?

A2 自ら居住する住宅であり、ご本人が工事費を支払うのであれば申込み可能です。

Q3 制度を利用したいのですが、単身赴任で札幌市内に妻(または夫)しか住んでいません。

A3 市内にお住まいの方(この場合は妻(または夫))が申込んでいただければ受付可能です。ただし、全ての提出書類がお住まいの方(この場合は妻(または夫))の名義となる必要があります。

Q4 市外に住んでいますが札幌市に転居予定です。制度は利用できますか?

A4 利用可能ですが、完了届提出期限までに、引っ越し(札幌市に住民登録すること)することが条件です。

Q5 新築で家の工事は始まっていますが、補助対象機器は工事していません。制度を利用できますか?

A5 Q1と同様に、事業者からの機器の引渡日(対象機器等取得日)が令和2年4月1日以降であれば対象になります。

Q6 工事業者が手続きを代行できますか?

A6 できます。ただし、申請内容について機器設置業者と十分に調整のうえ、手続きを代行してください。

Q7 年度内に何度も利用できますか?

A7 同一世帯同一年度に1回限りとなります。

Q8 抽せんで外れました。年度内は申込みできませんか?

A8 事業者からの機器の引渡日(対象機器等取得日)が令和2年4月1日以降であれば、次回以降の申込みができます。また、申込時に「落選した場合次回以降の募集申込を希望」した場合は、再度申込する必要はなく、申込は継続されます。

Q9 二世帯住宅に機器をそれぞれ設置の予定です。それぞれの世帯で申込みできますか?

A9 それぞれの世帯で申込みできます。ただし、世帯が分かれていることを住民票で確認させていただきます。
  なお、一方の方が二世帯分を申込むことはできません。

Q10 二世帯住宅にそれぞれ太陽光発電と蓄電池を設置予定です。それぞれの世帯で申込みできますか?

A10 それぞれの世帯で申込みしてください。ただし、電力会社との契約が世帯ごとに分かれていることが条件です。

Q11 リースで対象機器を設置したいと考えています。申込みできますか?

A11 リースの場合は申込みできません。

Q12 書類の持込みによる申請はできますか?

A12 書類の持込みによる申請はできません。書類は全て郵送(日本郵便のサービスのみ)にて受け付けます。

Q13 昨年度のecoプロジェクト補助金に当せんしましたが、計画を中止しました。今年度も申込みできますか?

A13 昨年度、計画中止届を提出している方で、今年度の補助条件を満たし、補助対象機器を導入される場合には申込みできます。

Q14 募集は年度内に何回行いますか?

A14 年度内に4回行う予定です。ただし、4回目はキャンセルがあった場合や、申込みが少なく予算が残っている場合のみ行います。

Q15 中古住宅に補助対象機器が備え付けられているものは、申込みできますか?

A15 中古住宅に新たに設置されたもの(新品)は申込みできます。家に設置しているものが、既に使用されているものであれば申込みできません。

Q16 購入予定のマンションに、補助対象機器が設置されていますが、申込みできますか?

A16 新築分譲集合住宅に設置されている補助対象機器は申込みできません。マンションにおいては購入時の標準的な設備であるため、補助対象になりません。

Q17 現在住んでいる分譲集合住宅の設備を補助対象機器に取り換える予定ですが、申込みできますか?

A17 申込みできます。ただし、対象機器への取り換えが、機器性能上の問題等などからできない場合がありますので、販売店等にご確認ください。

Q18 太陽光発電のみの申込みはできますか?

A18 蓄電設備(定置用蓄電池、EV※<電気自動車>)と接続することが条件となります。蓄電設備と接続しない太陽光発電は補助の対象になりません。
     ※ハイブリッド車(PHV、PHEV)などの接続は本補助制度の対象となりません。

Q19 定置用蓄電池のみの申込みはできますか?

A19 既に太陽光発電を設置済みでの住宅に定置用蓄電池を設置する場合は、申込みできます。

Q20 ロードヒーティング熱源用の補助対象機器を設置する予定ですが、申込みできますか?

A20 申込みできません。

Q21 太陽光発電の補助金額の計算方法はどうするのですか?

A21 補助金額はパネルの合計出力(kW)に3万5千円を乗じ、千円未満を切り捨てた額です(上限は34万9千円)。パネルの合計出力(kW)はパネル出力×パネル枚数で算出される数値を小数点第3位以下切り捨てにします。

Q22 定置用蓄電池の補助金額の計算方法はどうするのですか?

A22 補助金額は蓄電池の定格容量(kWh)に3万円を乗じ、千円未満を切り捨てた額です(上限は12万円)。なお、定格容量は小数点第2位以下切り捨てにします。

Q23 木質バイオマスストーブとは、どのような機器が該当しますか?

A23 木質ペレット及び薪などの木が由来の燃料(木質バイオマス)を使用できる設計及び仕様のものが、対象となります。ただし、木質バイオマス燃料に建築廃材は含みません。木質バイオマス燃料以外の燃料を使用する場合は、補助金を返還していただきます。

Q24 設置工事が完了しました。完了届(補助金交付申請兼完了届)に必要な添付書類は、全てそろえていなければ受付できませんか?

A24 全てそろえていなければ受付できません。住民票は機器設置先住所に住民登録されているものが必要です。(市外から札幌市に転居する予定の方は、完了届提出期限までに、札幌市に住民登録する必要がありますので、ご注意ください。)

Q25 札幌市から令和元年度の課税がなかったので納税していません。市民税納税証明書は必要ですか?

A25 原則、納税証明書のご提出は不要です。ただし、確認させていただく中なかで後日提出をお願いすることがございます。

Q26 住民票は原本を提出しなければならないのでしょうか?

A26 原本の提出が必要です。

Q27 新築で住民票を移します。提出するのは引っ越し後の住民票ですか?

A27 既に新居へ引っ越しをしている場合には、引っ越し後の住民票を提出が必要です。設置する場所に申請者の方がお住まいになっていることを確認する必要があります。

Q28 住民票はどこで請求できますか?

A28 住民票は各区役所、篠路出張所、定山渓出張所、大通証明サービスコーナー及び各まちづくりセンターにて請求可能です(まちづくりセンターは取り次ぎのみ)。また、マイナンバーカードによるコンビニエンスストアでの取得もできます。

Q29 新品の設置を証明できる書類とはどんなものですか?

A29 例として、保証書(名前、住所、日付、型式、個数、施工業者名等の記載があるもの)、施工業者による新品を設置したことを証明する書類(記載例<製品証明書>は札幌市ホームページに掲載)です。太陽光発電の場合は、メーカーが発行する出力対比表、メーカー保証申込書では受付できません。

Q30 機器設置写真はどのようなものが必要ですか?

A30 対象機器の設置状況等のわかる写真が必要です。なお、画像が不鮮明など、設置状況や設置機器の内容が確認できない写真の受付はできませんので、ご注意下さい。写真の仕様や各機器の写真は、以下をご覧ください。
<写真の仕様>

・原則デジタル写真とする。

・色彩は、カラーとする。(白黒不可)・

・有効画像は、100万画素以上とする。

・ファイル形式は、原則JPEG、又はTIFとする。

<各機器の写真について>

 ○太陽光発電

   1.設置された住宅の全景写真

   2.太陽光パネルの枚数が全て確認できる写真

     ※注1 不鮮明なものや雪などに隠れ枚数確認できない写真は受付できません

     ※注2 1枚に収まらず、複数枚に分けて撮影する場合は繋がりがわかるよう撮影下さい。
   3.パワーコンディショナーの機器本体の写真

   4.パワーコンディショナーの型式や製造番号など記載されている銘板の写真

   5.接続する定置用蓄電池の本体、又は接続する電気自動車(EV)の車検証の写真

 ● 定置用蓄電池

   1.設置された定置用蓄電池の本体の写真 

   2.設置された定置用蓄電池の型式や製造番号など記載されている銘板の写真

 ● エネファーム(燃料電池)

   1.使用可能な状態の燃料電池が確認できる写真

   2.燃料電池ユニットの型式や製造番号など記載されている銘板の写真 

 ● 地中熱ヒートポンプ

   1.設置された地中熱ヒートポンプユニット本体の写真
   2.設置された地中熱ヒートポンプユニットの型式や製造番号など記載されている銘板の写真

 ● 木質バイオマスストーブ

   設置された木質バイオマス(ペレット、薪)ストーブの本体の写真

    ※注 排気筒等と接続されていることが確認できること

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境エネルギー課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2872

ファクス番号:011-218-5108