ここから本文です。

更新日:2023年1月24日

下水サーベイランス

下水サーベイランスとは

  • 新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスの感染者は症状の有無にかかわらず、糞便や唾液中にウイルスRNAを排出することが知られております。
  • 下水中のウイルスを検査・監視する下水サーベイランス(下水疫学調査)は、受診行動や検査数等の影響を受けることなく、無症状感染者を含めた感染状況を反映する客観的指標としての活用が期待されています。
  • 本市では、市中の感染状況を把握し、感染症対策への活用可能性について検討を行うことを目的として、下水サーベイランスを継続的に実施しております。

    ※イメージ図提供:北海道大学北島正章准教授

 

調査結果

 新型コロナウイルス

調査結果のグラフ

新型コロナウイルス 1月16日~1月22日 前週比
下水中のウイルスRNA濃度※1

14,900コピー/リットル

×0.9倍
下水からの検出率※2 100%(15検体/15検体) ±0ポイント
新規陽性者数 4,870人/週 ×0.7倍
  • ウイルス濃度は緩やかに減少していますが、高い水準を継続しており、引き続き注意が必要です。
  • 検出率は100%を継続しており、市内の広範囲に感染が拡大していると推察されます。

 インフルエンザウイルス

調査結果のグラフ

インフルエンザウイルス 1月16日~1月22日 前週比
下水中のウイルスRNA濃度※1

937コピー/リットル

×0.5倍
下水からの検出率※2 100%(15検体/15検体) +7ポイント
  • ウイルス濃度は前週から減少しましたが、検出率は100%で市内の広範囲に感染が拡大していると推察され、引き続き注意が必要です。

インフルエンザ対策に関しては、下記のページをご覧ください。

 

※1【下水中のウイルスRNA濃度】
定量PCR法によって検出された下水1リットルに含まれるウイルスの遺伝子数(コピー)であり、この値が大きいほど下水の処理区域内に感染者が多く存在していると推定されます。
この調査では、降雨による影響を補正した、1週間に測定した計15検体の幾何平均値(相乗平均値)を示しています。

※2【下水からの検出率】
1週間に分析した下水検体数のうち、ウイルス遺伝子が検出された(検出限界93コピー/L)検体数の割合であり、この値が大きいほど感染の面的な広がりが進行していると推定されます。
なお、「不検出」とは、ウイルスが全く存在しないということではなく、検出限界(ウイルスの有無を判定できる最小値)未満であったことを示しています。

※3【定点医療機関の患者報告数】
特定の市内55か所の医療機関から報告された、1週間ごとの患者数のことです。

調査概要

調査期間

新型コロナウイルス:令和3年2月~
インフルエンザウイルス:令和4年10月~

対象施設

創成川水再生プラザ、豊平川水再生プラザ(2系統)、新川水再生プラザ(2系統)

調査内容

週3回、流入下水中の新型コロナウイルス及びインフルエンザウイルスのRNA濃度を測定

下水からの感染リスクについて

  • 下水サーベイランスは下水からの感染の危険性を調べるものではなく、下水中のウイルスについて、地域の感染状況を反映する「情報源」として測定するものです。
  • 測定対象としているのはウイルスの遺伝物質(RNA)の一部であり、下水からの「検出」が必ずしも感染性ウイルスの存在を意味するものではありません。
  • なお、WHO(世界保健機関)は「感染者の糞便から新型コロナウイルスに感染するリスクは低い」と公表しており、下水から新型コロナウイルスに感染するリスクは低いと考えられます。

参考

令和4年7月以降の新型コロナウイルスの調査については、内閣官房「ウィズコロナ時代の実現に向けた主要事業の実証・導入に向けた調査研究業務下水サーベイランスの活用に関する実証事業」において、本市と北海道大学との共同体として実施しています。

お問い合わせ先

  • 下水サーベイランスに関すること
    下水道河川局事業推進部処理施設課
    電話番号:011-818-3431
  • 新型コロナウイルス感染症に関する一般的な問い合わせ先
    札幌市新型コロナウイルス一般電話相談窓口
    電話番号:0570-085-789(ナビダイヤル・毎日9時00分~21時00分)