ホーム > くらし・手続き > 税金・保険・年金 > 税金 > 市税の種類 > 軽自動車税 > 軽自動車税(種別割)の減免申請について

ここから本文です。

更新日:2020年4月27日

軽自動車税(種別割)の減免申請について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために

障がいのある方のために使用する軽自動車等に課税される軽自動車税(種別割)の減免申請につきましては、これまで窓口での申請をお願いしておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため郵送での申請を受付いたします。

来庁して減免の申請をされる場合も、混雑が見込まれる5月中を避け、6月以降に申請いただくことをご検討願います。(納期限を過ぎることから、申請時期によっては督促状が届くことがありますが、申請に影響はありません。)

軽自動車税(種別割)の減免対象

次の要件に該当すると、申請することにより軽自動車税(種別割)が減免される場合があります。

  1. 「障がいのある方」又は「生計を一にする家族」が所有する軽自動車等で、「障がいのある方」自身又は「生計を一にする家族」が、その「障がいのある方」のために運転する場合
  2. 「障がいのある方」のみの世帯において、「障がいのある方」が所有する軽自動車等で、その「障がいのある方」を常時介護している方が運転する場合

必要書類

  • 申請書(様式を印刷のうえ、記載例を参考に必要事項を記入し押印してください。)※押印する印鑑はシャチハタ不可
  • 「身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳」いずれかのコピー
    ※写真の貼っている面だけでなく、備考欄を含めた全てのページをコピーしてください。
  • 運転する方の「運転免許証」のコピー
  • 減免を受けたい軽自動車等の「車検証」のコピー
  • 納税通知書(未納のままでかまいません。)

郵送により申請する方への留意点

  • 「障がい者1人」につき「車両1台」が減免の対象となります。「車両1台」とは、軽自動車に限らず、普通自動車も含めます。
  • 提出していただく書類を基に減免の可否を判断するため、申請いただいた場合であっても減免が認められない場合があります。
  • 減免決定後であっても、調査の結果、減免の要件を満たしていないことが判明した場合は減免を取り消すことがあります。

その他の減免

障がいのある方のために使用する軽自動車等のほか、以下の場合についても申請により減免を受けられる場合があります。

申請により必要な書類が異なりますので、詳細につきましては下記お問い合わせ先までお問い合わせください。

  • 構造上、身体に障がいのある方の用に供する軽自動車等
  • 納税義務者が生活扶助などを受けている場合
  • 軽自動車等が災害により著しい損害を受けた場合

※障がいのある方のために使用する軽自動車等の減免とは異なり、納期限までの申請が必要ですが、令和2年度に限り、新型コロナウイルス感染症の影響により納期限までの申請ができない場合については、納期限を過ぎての申請も可能です。
その場合は、申請書の備考欄に「新型コロナウイルスによる申請期限延長申請」と記載してください。

お問い合わせ先(申請書受付窓口)

〒060-8649
札幌市中央区北2条東4丁目サッポロファクトリー2条館4階
中央市税事務所諸税課軽自動車税係
電話:011-211-3076

(注)電話番号のお掛け間違いにはくれぐれもご注意ください。
(注)市税の窓口の業務時間は、平日8時45分~17時15分(土日祝日および12月29日~1月3日はお休み)です。