ここから本文です。

更新日:2024年7月9日

鴨々川いきもの観察会

令和6年度鴨々川いきもの観察会の参加者を募集します(募集は終了しました)

参加者の募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました!
令和6年(2024年)7月11日(木曜日)を目途に、当選者にのみ通知を発送します。

※グループ申込の場合は、代表者にのみ通知を発送します。
※郵送につき、配達には日数を要する場合があります。
※通知をもって当選連絡とし、通知がない場合は落選です。

鴨々川いきもの観察会バナー

開催概要

概要

札幌のまちなかを流れている鴨々川(かもかもがわ)は、実は豊平川から水をひいている人工河川です。

安定した水の量で流れており、会場付近は水深が浅く、流れもゆるやかです。

そんな鴨々川には、どんないきものがすんでいるのでしょうか?

魚などのいきものを楽しくつかまえて、専門家と一緒に観察しませんか?

夏休みの自由研究にもおすすめです!

講師

札幌市豊平川さけ科学館職員

日時

  • 第1回
    令和6年(2024年)7月31日(水曜日)10時00分~12時00分
    ※雨天等の場合は、令和6年(2024年)8月7日(水曜日)10時00分~12時00分に延期いたします。
  • 第2回
    令和6年(2023年)8月2日(金曜日)10時00分~12時00分
    ※雨天等の場合は、令和6年(2024年)8月9日(金曜日)10時00分~12時00分に延期いたします。
会場 鴨々川(札幌市中央区中島公園中島児童会館裏付近)
チラシ

鴨々川いきもの観察会(令和6年度)チラシ(PDF:936KB)

参考:昨年開催時の様子

魚の方の説明
最初にさけ科学館の職員から魚の捕り方の説明があります。
タモ網は動かさずに固定し、魚を追い込むのがコツです。

川に入る
さっそく川に入ります。水が冷たい!
魚は捕まえられるかな?

 

ガサガサ
草むらや石の下を狙ってガサガサ…。

魚の観察と解説
捕まえた魚の観察と解説です。

 

ヤマメ(サクラマス)
ヤマメ(サクラマス)

トウヨシノボリ
トウヨシノボリ

主催

  • 札幌市下水道河川局事業推進部河川事業課
  • 公益財団法人札幌市公園緑化協会

河川事業(普及啓発)のページへ

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市下水道河川局事業推進部河川事業課

〒062-8570 札幌市豊平区豊平6条3丁目2-1

電話番号:011-818-3414

ファクス番号:011-812-5241