ホーム > 観光・産業・ビジネス > 観光 > 札幌の観光行政 > 札幌市宿泊施設第三次応援金について

ここから本文です。

更新日:2021年5月20日

札幌市宿泊施設第三次応援金について

札幌市では、新型コロナウイルス感染症によって特に大きな影響を受けている宿泊事業者に対し、感染防止対策に係る消耗品等の購入費用を助成するため、札幌市宿泊施設第三次応援金を給付いたします。詳しくは、札幌市宿泊施設第三次応援金給付要綱をご覧ください。

札幌市宿泊施設第三次応援金給付要綱(PDF:77KB)

札幌市宿泊施設第三次応援金は、令和2年8月から9月に実施した札幌市宿泊施設応援金給付要綱または、令和3年1月から3月に実施した札幌市宿泊施設第二次応援金給付要綱による給付を受けられた事業者についても給付の対象となります。

交付対象者

 〇札幌市内で「旅館・ホテル」または「簡易宿所」を令和3年4月26日時点で営んでおり、今後も継続して営業を行う意思を有する宿泊事業者

〇住宅宿泊事業を令和3年4月26日時点で営んでおり、今後も継続して営業を行う意思を有する民泊事業者

応援金の額

(1)宿泊事業者

札幌市保健所長に令和3年4月26日時点で届出をされている客室数に応じて、施設あたり15万円~150万円を給付いたします。

(2)民泊事業者

 札幌市長に令和3年4月26日時点で届出をされている総客室数に応じて7.5万円~75万円を給付します。

申請方法

札幌市宿泊施設第三次応援金給付事務局から対象の宿泊事業者へ令和3年5月20日頃に申請書を送付いたしますので、必要書類を同封の返信用封筒にて返送してください。(令和3年4月26日現在の登録情報で送付しております。万が一、申請書が届かない場合は事務局までご連絡をお願いいたします。)

申請:郵送のみ

申請期限:令和3年6月30日(水曜日)(消印有効)

必要書類

(1)札幌市宿泊施設第三次応援金給付申請書兼誓約書

(2)口座登録申請書

(3)営業許可証の写し(民泊事業者の方は、標識の写真や届出受理通知の写しなど届出番号がわかるもの)

※令和2年8月から9月に実施した「札幌市宿泊施設応援金」または、令和3年1月から3月に実施した「札幌市宿泊施設第二次応援金」の給付を受けられた事業者は、営業許可証等の提出は不要です。

(4)応援金の振込指定口座の通帳の写し

なお、申請書については、下記からもダウンロードできますので、ご使用ください。

札幌市宿泊施設第三次応援金給付申請書兼誓約書(様式1-1)(ワード:25KB)

札幌市宿泊施設第三次応援金給付申請書兼誓約書(民泊事業者)(様式1-2)(ワード:26KB)

口座登録申請書(様式2)(エクセル:19KB)

 

お問い合わせ先・申請書送付先

札幌市宿泊施設第三次応援金給付事務局(業務受託業者)

住所:〒060-0033 札幌市中央区北3条東5丁目5 岩佐ビル3階 株式会社パイロン内

電話:011-522-9310(9時00分~17時00分 土日祝休業)

FAX:011-252-9387

E-mail:ouen-kyufu@pylon.co.jp

 

 

 

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局観光・MICE推進部観光・MICE推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2376

ファクス番号:011-218-5129