ここから本文です。

更新日:2019年12月12日

心のバリアフリー推進マークについて

「心のバリアフリー推進マーク」の決定

 札幌市では、障がいのある方などに対する差別や偏見といった心の障壁(バリア)を取り除き、支え合いが広がるよう、「心のバリアフリー」の更なる推進に取り組んでいます。

 この度、市民が心のバリアフリーに関心を抱き、より身近なこととして感じられるように、啓発のためのシンボルマークの公募を行いました。 

 応募総数76点の中から、障がい当事者を含む選考委員会で最優秀作品1点を選考し、「札幌市心のバリアフリー推進マーク」を決定しました。

 静岡県静岡市在住のグラフィックデザイナー、天野 穂積(あまの ほづみ)さんの作品に決定しました。

心のバリアフリー推進マーク

  

札幌市心のバリアフリー推進マーク

 

コンセプトについて

 心という漢字をモチーフとし、人と人を組合わせ、互いに人格、個性を尊重し、支え合う共生社会を表現しました。

 また人と人の形はハートの形とイメージを重ね、障がいのある方への理解と、ハート(心のバリアフリー・同じ権利のもとで暮らす気持ち)を表現してみました。

 

 マークの使用について

 心のバリアフリーを広める目的で、ぜひご活用ください。

 使用については、ルールがあります。

 下記ページをご覧ください。

 マークの使用について

 

マークの募集について(募集は終了しました)

札幌市では、これまで、「心のバリアフリー」の普及・啓発を行ってきました。

この度、市民全体で障がいのある方などへの理解を深め、心のバリアフリーを更に推進するきっかけとして、「心のバリアフリー推進マーク」の公募を実施します。

募集期間

令和元年8月9日から令和元年9月30日まで ※郵送の場合、令和元年9月30日必着

応募要項

  • 札幌市公式ホームページから応募する場合について、デジタルデータの形式は(4MB以内のJPGまたはPDF)とする。
  • マークは今後、広報物等に利用することを検討していることから、拡大・縮小、白黒印刷をした場合の視認性についても配慮して作成すること。
  • 応募作品は、未発表の作品に限る。
  • 応募作品は、第三者が権利を有する著作権を利用していない作品に限る。
  • 採用決定後であっても、類似、盗用が分かった時点で、採用を無効とする。
  • 採用したマークは、正式データとして修正を行う場合がある。
  • 応募点数に定めは設けず、一人何点でも可とする。

応募作品の取扱など詳細については、下記の実施要領をご覧ください。

実施要領(PDF:78KB) ※必ずご確認ください。

応募方法

札幌市公式ホームページからの応募方法

1 下記応募フォームから、住所、氏名(ふりがな)、年齢(生年月日)、職業または学校名(学年)、電話番号、障がいの有無などを送信してください。

(募集終了のため、応募フォームは利用できません)

2 マークのデジタルデータを下記メールアドレスに送信してください。(JPGまたはPDF/4MB以内)

(募集終了のため、メールアドレスは公開してません)

 

応募用紙の郵送による応募方法

札幌市障がい福祉課で配布する「応募用紙」にマーク、必要事項を記入し、郵送してください。

郵送先:〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課

(募集終了のため、応募用紙の配布は行っておりません)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局障がい保健福祉部障がい福祉課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎3階

電話番号:011-211-2936

ファクス番号:011-218-5181