ここから本文です。

更新日:2019年11月25日

ふぐ処理責任者

ふぐの処理(ふぐの卵巣、肝臓等の有毒部位の除去等の処理)をする飲食店営業、魚介類販売業等には、札幌市食品衛生法施行条例により「ふぐ処理責任者」の設置が義務付けられています。

ふぐ処理責任者になるためには

「ふぐ処理責任者」は、「ふぐ処理責任者養成講習会」の修了者又はこれと同等以上の知識を有すると市長が認めた方となります。

また、札幌市以外の自治体でふぐ処理責任者等の資格を取得した方については、札幌市保健所又は各区保健センターにお問い合わせください。

令和元年度ふぐ処理責任者養成講習会(令和元年度は終了しました)

札幌市調理師団体連合会において、「ふぐ処理責任者養成講習会」を実施しますのでお知らせいたします。  

「ふぐ処理責任者養成講習会」の手引き (PDF:51KB)

実施日時 令和元年11月12日(火曜日)9時00分~16時00分
申込期間 令和元年10月7日(月曜日)~10月28日(月曜日)
会場 札幌市中央卸売市場管理センター(札幌市中央区北12条西20丁目)
対象者 ふぐを取扱う飲食店、魚介類販売業などの従業員の方
内容

講義(約3時間)+実習(約3時間)

受講料等

14,200円

(受講料10,000円+テキスト料3,000円+プレート料1,200円)

※「ふぐ処理責任者・氏名」の入ったプレート(希望しない場合は、13,000円)

定員 44名(会場の都合上、定員を超えた場合はお断りすることもあります。)
申込方法
  • 受講申込書(PDF:43KB)に必要事項を記入し、所定の場所に写真を添付し、下記申込先へ郵送してください。
  • 郵送する前に上記の金額を所定の金融機関に振り込み、「振込書(お取引明細)」のコピーを添付して下さい。(振込手数料は、受講者負担です。)
  • プレートの購入を希望する場合は「申込書の下欄」にその旨記入して下さい。
申込先

〒060-0012

札幌市中央区北12条西20丁目2番1号札幌市中央卸売市場水産棟4階(北側エレベータ横)

札幌市調理師団体連合会 Tel:011-215-6125

備考
  • 申込者には、後日「受講票」を送付します。
  • 講習会を全科目受講した者には、「修了証」を当日交付します。
  • プレートを希望した場合は、講習会終了後お渡しします。

ふぐ処理責任者の役割

ふぐ処理責任者はふぐを取り扱う施設において、専門的知識と技術を有する責任者として以下の役割を担っています。

  • ふぐの取扱いなどの衛生管理を行う。
  • ふぐの取り扱いにおいて不備又は不適事項を発見した場合に改善措置を講ずる。
  • 営業者に改善措置を講ずるよう進言する。

届出について

札幌市内の飲食店営業や魚介類販売業などでふぐ処理を行う場合は、ふぐ処理責任者を設置し、あらかじめ札幌市保健所又は営業区の保健センターに届出をする必要があります。

お問い合わせ

 

ふぐ処理責任者養成講習会については、札幌市調理師団体連合会(Tel:011-215-6125)または札幌市コールセンター(011-222-4894)までお問い合わせください。

また、ふぐ処理責任者については、札幌市保健所食の安全推進課、広域食品監視センター又は各区保健センター健康・子ども課までお問い合わせください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19ビル3階

電話番号:011-622-5170

ファクス番号:011-622-5177

こちらのフォームは掲載内容に関するお問合せにご利用ください(対応・回答は開庁日のみとさせていただきます。)。
食中毒の発生や不良食品に関する個別のご相談は直接相談窓口までお願いいたします。