ここから本文です。

更新日:2016年1月8日

産業廃棄物

産業廃棄物に関する報告書提出のお知らせ

 産業廃棄物の定義と種類
 排出事業者・処理業者の責務について
 札幌市産業廃棄物処理指導計画
 廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく不利益処分の公表
 資料等

 産業廃棄物の定義と種類

産業廃棄物とは、事業活動で生じた廃棄物のうち、法で定められる20種類及び輸入された廃棄物を指します。

産業廃棄物の種類
種類 性状及び具体例
燃え殻 石炭がら、焼却灰、炉清掃排出物等
汚泥 有機性汚泥(下水道汚泥、ビルピット汚泥(し尿の混入したものは除く)、無機性汚泥(砂利洗浄汚泥、研磨汚泥)等
廃油 鉱物性油、動植物性油、廃溶剤、固形油等
廃酸 無機廃酸(硫酸、塩酸等)、有機廃酸(酢酸等)、写真漂白廃液等
廃アルカリ 写真現像液、廃ソーダ液等
廃プラスチック類 合成繊維くず、合成樹脂くず、合成ゴムくず、塗料かす、接着剤かす等
紙くず

印刷くず、製本くず、裁断くず等
※業種指定有【建設業(工作物の新築、改築及び除去に伴って生じたものに限る。)、パルプ、紙又は紙加工品の製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業に係るもの、PCBが塗布され、又は染み込んだものに限る。】
(上記以外の業種から発生する不要な書類、コピー用紙等は事業系一般廃棄物に該当します。)

木くず

廃木材、おがくず、梱包材くず、廃チップ等
※業種指定有【建設業(工作物の新築、改築及び除去に伴って生じたものに限る。)、物品賃貸業、木材又は木製品製造業、パルプ製造業、輸入木材の卸売業に係るもの、PCBが染み込んだもの】
貨物の流通のために使用したパレット(パレットへの貨物の積みつけのために使用した梱包用の木材を含む。)に係るもの(業種指定なし)
(上記以外の業種から発生する廃木材等は事業系一般廃棄物に該当します。)

繊維くず

畳、じゅうたん、ロープ等(天然繊維くずに限る。)
※業種指定有【建設業(工作物の新築、改築及び除去に伴って生じたものに限る。)、繊維工業に係る天然繊維くず、PCBが染み込んだもの】
(上記以外の業種から発生する不要な衣類、ウエス等は事業系一般廃棄物に該当します。)

動植物性残さ

※業種指定有【食料品製造業、医薬品製造業又は香料製造業において原料として使用した動物又は植物に係る固形状の不要物】
(飲食店、市場等から排出される動植物性残さ又は厨芥類は事業系一般廃棄物に該当します。)

動物系固形不要物 ※業種指定有【と畜場においてとさつし、又は解体した獣畜及び食鳥処理場において食鳥処理した食鳥係る固形状の不要物】
ゴムくず

天然ゴムくず(合成ゴムくずは廃プラスチック類)

金属くず 鉄くず、ブリキ、トタンくず、半田かす等
ガラスくず、コンクリートくず及び陶磁器くず ガラスくず、製造過程等で生じるコンクリートブロック、陶器くず、石膏ボード等
鉱さい

高炉、転炉、電気炉などの残さ不良石炭、不良鉱石等

がれき類 工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたコンクリート片、アスファルトくず、レンガ等
動物のふん尿 ※業種指定有【畜産農業に該当する事業活動に伴って生じたもの】
動物の死体 ※業種指定有【畜産農業に該当する事業活動に伴って生じたもの】
ばいじん 大気汚染防止法第2条第2項に規定するばい煙発生施設、ダイオキシン類特措法第2条第2項に規定する特定施設、又は焼却施設から発生するばいじんであって、集じん施設で集められたもの
産業廃棄物を処分するために処理したもの(13号廃棄物) 産業廃棄物を処分するために処理したものであって、上記に該当しないもの(コンクリート固化物等)

注)石綿含有産業廃棄物について
平成18年10月1日から改正法の施行に伴い、新たに石綿含有産業廃棄物に関する処理基準が創設されました。
詳細についてはこちら

産業廃棄物のうち、特に指定された有害なものとして特別管理産業廃棄物があります。

ページの先頭へ戻る

 排出事業者・処理業者の責務について

事業活動に伴う廃棄物の処理は、排出者の責任とされており、廃棄物の発生から最終処分まで一連の処理が適正に行われることを確保しなければなりません。また、処理業者も法で定められた基準に従い、適正に廃棄物を処理しなければなりません。

ページの先頭へ戻る

 札幌市産業廃棄物処理指導計画

ページの先頭へ戻る

 廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づく不利益処分の公表

 資料等

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部事業廃棄物課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎13階

電話番号:011-211-2927

ファクス番号:011-218-5105