ここから本文です。

更新日:2018年12月11日

ごみを減らすための3つのポイント

ポイント1 紙類

燃やせるごみと分別し、資源回収又は雑がみ

集団資源回収回収拠点に!

新聞、雑誌、ダンボール

チラシ・パンフレット類は、「雑がみ」でも出せます。

各地域の回収日等を検索できます。集団資源回収実施状況検索

雑がみに!

紙箱類、包装紙類、はがき・封筒等

ポイント2 容器包装プラスチック

プラの分別は「使い切る」「軽くすすぐ」

チューブ類は使い切るだけでOK

使い切る

残り水で1回すすぐ程度でOK

すすぐ

トレイ・パックなどは、固形物が落ちる程度に“軽く”すすぐ

軽く

ポイント3 生ごみ

水切りはギュッとひとしぼり

初めから濡らさない 捨てる前にしぼる 乾燥させる

使わない部分は切り落としてから洗う。

かぶ

水切り器などを活用してギュッとひとしぼり。

水切り器

 

さらに乾かすと効果大。天日干しがより効果的。

お茶

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部循環型社会推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2928  内線:2928

ファクス番号:011-218-5108