ここから本文です。

更新日:2019年11月20日

古紙の拠点回収

新聞・雑誌・ダンボールなどの古紙は、それぞれ良質な製紙原料として利用され、再び「紙」に生まれ変わります。

古紙は従来から民間でのリサイクルが行われているため、札幌市では古紙の行政収集(ごみステーションでの収集)を行っていません

ここでは、ご家庭から出る古紙の出し方として、無料でお持ち込みいただける回収拠点をご案内しています。札幌市内には約580カ所の回収拠点がありますので、回収ルールをご確認のうえご利用ください。

また、新聞、雑誌、ダンボールのいずれか1品目が20kg以上ある場合に、無料でご自宅まで回収にお伺いする業者をご案内しています。詳細は「業者に古紙回収を依頼する」のページをご覧ください。

なお、事業所から出る古紙の回収は事業系古紙回収業者データベースのページをご覧ください。

回収拠点を地図で探す

回収拠点(セイコーマートを除く)を区別にグーグルマップ上で確認することができます。

ページの先頭へ戻る

回収拠点別に持ち込み先を探す

各区役所・区民センターや一部の地区センターなど市内19カ所に設置しています。各施設の利用時間内にお持ち込みください。

地区会館やマンション敷地内など市内34カ所に設置しています。利用可能時間をご確認の上、お持ち込みください。

民間古紙回収事業者が119カ所で古紙回収に協力しています。事前連絡が必要な場合もありますので、ご確認の上お持ち込みください。

市内の一部のスーパーがダンボールの回収に協力しています。各店舗の営業時間内にお持ち込みください。

市内4カ所の地区リサイクルセンター(中央、厚別、西、北)で古紙を回収しています。各センターの受入日、受入時間にお持ち込みください。

市内のセイコーマート全店で古紙を回収しています。各店舗の営業時間内に店員にお渡しください。詳細はセイコーマートのホームページをご確認ください。

ページの先頭へ戻る

回収品目

家庭から発生した「新聞(チラシ・コピー用紙)」「雑誌(週刊誌・一般書籍・ノート)」「ダンボール」が対象です。

新聞
新聞
(チラシ・コピー用紙含む)

雑誌
雑誌
(週刊誌・一般書籍・ノート含む)

ダンボール
ダンボール

※ダンボール回収協力店(スーパー)は、ダンボールのみの回収です。
※セイコーマート・北海道スパーでは、書籍は回収対象外です。

ページの先頭へ戻る

回収ルール

  • 種類ごとに「ひも」でしばって下さい。
  • 雑誌は紙以外の表紙や付属のCDは取り除いてください。
  • ダンボールはたたんで、宅配便の送り状や紙以外のものは取り除いてください。
  • 古紙以外はまぜないで下さい。
  • 回収にあたって金銭・景品等の引渡しはありません。

ページの先頭へ戻る

 

回収拠点へ持ち込む以外の古紙の出し方

町内会やPTA、マンション管理組合など地域のみなさんが協力して資源物の回収を行う集団資源回収に出す場合はこちらをご覧ください。お住まいの地域の実施状況を調べることもできます。

新聞・雑誌・ダンボールのいずれか1品目が20kg以上の場合に、回収業者に無料で引き取りを依頼することができます。お申込み条件をご確認の上、回収業者にご依頼ください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部循環型社会推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2928

ファクス番号:011-218-5108