ここから本文です。

更新日:2018年6月27日

レジ袋削減に向けた取り組み

札幌市では、レジ袋を削減し、マイバッグ等の持参を促進するため、「レジ袋削減に向けた取組みに関する協定」を事業者、市民団体と結び、三者協働でレジ袋の削減を進めています。

お知らせ

  • 協定に基づく取り組みを開始してから10年目で、削減できたレジ袋の累計枚数10億枚を突破しました! 10億グラフ

 ※ 詳細は、下記「これまでの取り組みの効果」をご参照ください。

 

「レジ袋削減に向けた取組みに関する協定」の概要

協定の目的

ごみ減量と二酸化炭素の削減を推進し、循環型社会の実現と地球環境の保全を図ることを目的として、市民事業者行政が協働して、札幌市内で利用されるレジ袋の削減を目指す。

協定に参加する各主体の役割

事業者 協定でレジ袋削減目標等を設定したうえで、マイバッグ等の持参促進及びレジ袋の削減に積極的に取り組む。
市民団体 レジ袋の削減を市民に呼びかけるとともに、協定に参加する事業者を積極的に支援する。
札幌市 協定に参加する事業者・市民団体と協働してレジ袋削減を進めることとし、市民や他の事業者の理解・協力が得られるよう積極的に普及啓発を行う。さらに、この協定の取り組みを通して、循環型社会の実現と地球環境の保全を図る取り組みをより一層推進する。

 

ページの先頭へ戻る

協定の締結状況

協定の追加協議

 

ページの先頭へ戻る

 これまでの取り組みの効果

協定参加事業者の協力のもと、札幌市内のレジ袋有料化店舗におけるマイバッグ等持参率およびレジ袋削減量を推計いたしました。

表.レジ袋削減に向けた取り組みの効果(平成20年10月~平成30年3月)

 

事業

者数

店舗数

マイバック

持参率※1

レジ袋削減枚数

(年度毎)※2

CO2の削減量※3

平成20年度

(H20.10~H21.3)

11

172

87%

49,625,000枚

2,310t

平成21年度

(H21.4~H22.3)

13

174

87%

110,643,400枚

5,151t

平成22年度

(H22.4~H23.3)

13

174

87%

112,756,200枚

5,249t

平成23年度

(H23.4~H24.3)

13

174

86%

112,664,900枚

5,245t

平成24年度

(H24.4~H25.3)

13

176

86%

109,747,600枚

5,109t

平成25年度

(H25.4~H26.3)

13

179

85%

106,027,800枚

4,936t

平成26年度

(H26.4~H27.3)

13

177

86%

114,169,000枚

5,315t

平成27年度

(H27.4~H28.3)

12

176

86%

112,639,280枚

5,243t

平成28年度

(H28.4~H29.3)

12

175

85%

111,862,100枚

5,207t

平成29年度

(H29.4~H30.3)

11

174

85%

 111,962,915枚

 5,212t

上記集計期間の

累計

 ‐

 ‐

 86%

1,052,098,195枚

 48,977t

※1 各店の毎年度3月時点におけるマイバック持参率の平均

※2 LL版レジ袋を1枚10gとして計算。(各事業者の推計による)

※3 レジ袋(LL版10g)の製造、加工、焼却にともなう二酸化炭素発生量=46.55(g‐CO2)

(社団法人プラスチック処理促進協会「樹脂加工におけるインベントリデータ調査報告書-汎用樹脂加工製品を中心として」による)

協定によるレジ袋有料化店舗一覧

 協力対象店舗一覧(PDF:52KB)(平成30年3月31日現在。それ以前に閉店した店舗を除きます。)

事業者別報告数値(平成29年度)

 事業者により数値の算出方法が異なりますので、各事業者の数値は、比較できません。目安としてご参照ください。

 事業者の報告数値(PDF:83KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部ごみ減量推進担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2928

ファクス番号:011-218-5108