ここから本文です。

更新日:2018年12月6日

回収された資源物のゆくえ

分別された資源物は、さまざまなルートを通じて集められ、リサイクルされています。このページでは、札幌市で集められた資源物が、どのようにリサイクルされ、生まれ変わるのか、そのゆくえなどをご紹介します。

目次

  1. 資源物のゆくえ
  2. 識別表示マーク
  3. 資源を守るリサイクル
  4. リサイクル製品を使いましょう

 資源物のゆくえ 

びん アルミ缶
びん アルミ缶
スチール缶 ペットボトル
スチール缶 ペットボトル
容器包装プラスチック 雑がみ
容リプラリサイクル 雑がみリサイクル
枝・葉・草 乾電池
枝葉草リサイクル 乾電池
木製家具等(大型ごみ) 生ごみ
/seiso/gomi/recycle/images/img_kagu.jpg 生ごみ
使用済み食用油 蛍光管
使用済み食用油 蛍光灯
古紙(新聞・雑誌・ダンボール) 紙パック
古紙(新聞・雑誌・ダンボール) 紙パック
古せんい製品 リターナブルびん
古せんい製品 リターナブルびん
金属類  
金属類  

このページの先頭へ

 

 識別表示マーク

  • リサイクルするためには、適正な分別が必要です。
  • 容器包装材には、分別がしやすいように材質を示した「識別表示マーク」がついています。ごみを分別するときの参考にしましょう。

代表的な識別表示マーク

アルミ缶

スチール缶

ペットボトル

容器包装プラスチック

アルミ缶 スチール缶 ペットボトル 容器包装プラスチック

このページの先頭へ

 資源を守るリサイクル

  • リサイクルは、ごみを減らすだけではなく、資源を守ることにもつながっています。
アルミ缶のリサイクル
アルミの原料はボーキサイトという鉱石です。アルミ缶からアルミ地金を作るときに必要なエネルギーは、ボーキサイトからアルミ地金を作る場合の3%で済むと言われています。なんと、97%のエネルギーが節約できるのです。
※出典:アルミ缶リサイクル協会
アルミ缶のリサイクル

このページの先頭へ

 リサイクル製品を使いましょう

  • せっかく資源を集めてリサイクルしても、リサイクル製品を使わなければ、本当の意味でのリサイクルにはなりません。日常生活において、積極的にリサイクル製品を使うように心がけましょう。
  • 商品を選ぶときには、次のような「環境ラベル」を目安にすると良いでしょう。
代表的な環境ラベル

エコマーク

 
エコマーク 環境保全に役立つと認められた商品についています。(㈶日本環境協会認定)

グリーンマーク

 
グリーンマーク 古紙を原料に使用した製品についています。〈㈶古紙再生促進センター認定〉
PETボトルリサイクル推奨マーク
PETボトルリサイクル推奨マーク ペットボトルをリサイクルしてできた商品についています。〈PETボトルリサイクル推進協議会認定〉

 

牛乳パック再利用マーク
牛乳パック再利用マーク 回収した牛乳パックを原料として作られた商品についています。〈全国パック連・集めて使うリサイクル協会認定。〉

このページの先頭へ

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境事業部循環型社会推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2928

ファクス番号:011-218-5108