ここから本文です。

更新日:2016年4月19日

都市計画とは

私たち、一人ひとりの営みが、都市を形成しています。その都市を魅力と活力あふれる空間にしていくため、また、社会生活を安心して快適に送るためには、都市づくりにおける一定のルールなどが必要です。

例えば、(1)建物の建て方のルールとして「土地利用規制」を定めたり、(2)道路・公園・下水道など街の骨格となる「公共施設」をつくる際には、街並みや人・車の動向、他都市との関係など総合的に判断して計画を立てたり、それぞれのルールや計画に沿って整備・開発を行うことが必要です。

また、(3)新しい街をつくったり、古い街をつくり直す「市街地開発事業」は、街全体に新たな命を吹き込む重要な役割を担っており、計画的に進めていくことが大切です。

このように(1)、(2)、(3)が都市を形作る柱となっていますが、本市では、その柱を強く丈夫なものにするために都市づくりの基本的な指針として、『第2次札幌市都市計画マスタープラン』を策定しており、このマスタープランに基づき、都市づくりを進めていきます。

札幌市における都市計画の体系を、図で表しています。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局都市計画部都市計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2506

ファクス番号:011-218-5113