ここから本文です。

更新日:2017年4月21日

悪臭

悪臭防止法では、「工場その他の事業場における事業活動に伴って発生する悪臭」について、規制が適用されます。

~このページの目次~

  1. 札幌市における悪臭の測定方法
  2. 札幌市における悪臭規制基準
  3. 臭気指数とは
  4. 悪臭対策について

 札幌市における悪臭の測定方法

悪臭防止法では、アンモニアやメチルメルカプタンなど22種類の特定の物質の濃度を測定して規制する方法と、人間の嗅覚を利用する嗅覚測定法(官能試験法)で測定して規制する方法のいずれかを採用することとしています。

札幌市では、人間の嗅覚を利用する嗅覚測定法(官能試験法)による方法(臭気指数規制)を採用しています。(平成10年7月1日から)

これは、特定の物質の濃度による規制方法では、低濃度の悪臭物質が混ざり合って強い臭いを発するいわゆる複合臭への対応が困難なためです。

官能試験法の方法

悪臭試験

 

ページの先頭へ戻る

 札幌市における悪臭規制基準

悪臭防止法に基づく規制地域及び規制基準は、「札幌市平成10年告示第581号」により、以下のように定められています。

規制地域

都市計画法に基づく都市計画区域全域(567.89平方km)

規制

基準

1号規制

(敷地境界)

臭気指数:10

2号規制

(気体排出口)

前号(1号規制)に掲げる値を基礎として、悪臭防止法施行規則(昭和47年総理府令第39号)第6条の2に定める方法により算出して得られる臭気排出強度または臭気指数(平成11年9月13日から)

3号規制

(排出水)

臭気指数:26

(平成13年4月1日から)

ページの先頭へ戻る

 臭気指数とは

臭気指数とは、ヒトの嗅覚でその臭気を感じなくなるまで希釈したときの希釈倍率を元に算定される数字で、次の式で計算されます。

臭気指数=10×log(希釈倍率)

例えば、臭気指数10というのは、「臭いを含んだ空気を10倍に希釈したときに、臭いを感じなくなる程度の臭いの強さ」のことを指します。

ページの先頭へ戻る

 悪臭対策について

悪臭対策の方法については、次の環境省のホームページを参考にしてください。

飲食店からの臭いや音に関するトラブルを、次のページにまとめましたので、ご覧ください。 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境対策課

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2882

ファクス番号:011-218-5108