文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ここから本文です。

更新日:2019年8月13日

地域がん診療連携拠点病院

拠点病院紹介 

当院は、平成17年1月に厚生労働省から地域がん診療連携拠点病院の指定を受けました。
がん対策は、平成19年4月に施行されたがん対策基本法の基本理念にのっとり推進されています。
そのなかで、厚生労働省は、全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん診療連
携拠点病院の整備をすすめてきました。

地域がん診療連携拠点病院には以下の役割があります。

  • 専門的ながん医療の提供
  • 地域におけるがん診療連携協力
  • 初期段階からの緩和ケアの実施
  • がん患者さんに対する相談支援及び情報提供

当院では、がん患者さんに対して、様々な専門分野のスタッフが連携して治療にあたるとともに、心身の苦痛を和らげる※1緩和ケアや放射線療法、※2外来での化学療法などがん診療の体制を整備し、充実した医療を行っています。
また、がん患者さんからの相談に対応するためがん相談員を置くとともに、他医療機関でのがん診療に関して当院の専門医からの意見を聞くことのできる「セカンドオピニオン外来」を設けています。
さらに、地域の医療機関と連携し、がんに関するさまざまな研修会を開催するなど札幌医療圏の中核病院としてがん医療の質の確保と向上に努めています。

 厚生労働省ホームページ

 がん対策情報センター


【参考】

※1緩和ケア:がんなどの病気に伴う痛みや苦しみを和らげることを優先する医療のこと。体の苦痛や心の苦悩などを軽くすることを目的に、医師や看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士などがチームを組み、協力して診療を行う。  戻る

※2外来化学療法:がんの治療法の一種で、抗がん剤などの薬を用いて、がん細胞の増殖を抑えたり、破壊したりする方法。他の治療法には、外科療法(手術によりがんを切除する方法)や放射線治療(放射線を患部に当てる方法)などがある。  戻る

院内がん登録 

  •  院内がん登録とは、当院でがんの診断・治療を受けた患者さんの部位や性状、治療内容などの情報を収集し登録する仕組みです。
  • 登録の目的は、院内の対がん診療の状況を把握し、がん診療の質の向上と患者さんやそのご家族への支援に役立てることにあります。
  • 登録データは、全国のがん診療連携拠点病院から国立がん研究センターに集められ、国のがん対策に役立てられます。
  • 登録内容は、「がん診療連携拠点病院 院内がん登録標準登録様式」に基づき、診療情報管理士が情報を収集し登録しています。
    また、部位及び組織の分類には『国際疾病分類-腫瘍学』を、病期分類には『UICC-TNM悪性腫瘍の分類』を使用しています。
  • 登録対象は、原発で初発の全ての悪性腫瘍、及び脳の良性腫瘍で、1腫瘍1登録とし、多重癌の場合は個別に登録しています。
  • 「がん登録等の推進に関する法律」が平成28年1月から実施されることとなり、『すべての病院』及び『指定された診療所』は、がんの罹患・診療・転帰等に関する情報を北海道に届出ることが義務化されました。

登録された情報は、以下の目的に利用します。

  • 国立がん研究センターがん対策情報センターへの情報提供
  • 地域がん登録(北海道)への情報提供
  • 患者さんの予後調査(生存確認)
    院内で予後情報が把握できない場合は、他医療機関への調査依頼や各市町村への住民票照会により確認を行います。
  • 自施設のがん診療の実態の把握
  • 患者さんへの情報公開の資料
  • 診療活動の支援、研修、教育のための資料
  • 対がん医療活動の企画、評価のための資料

 

 

※当院では平成17年(2005年)より、がん登録を行っています。
なお、登録された情報の取扱いについては、「個人情報保護法」及び当院の「個人情報保護(方針)」を遵守して適切に管理しています。

 

院内がん登録

当院のがん統計 

がんのPDCAサイクル 

pdca_1.jpg

  • 課題の内容
    各診療科、部門において、都度発生する患者治療、サービスの問題に対する改善、最適化。
  • 目標
    各診療科、部門で都度発生する課題に対して速やかに対応することで、最新、最適な治療とサービスの提供。
  • 目標達成の検証方法
    3ヶ月に1回、開催されるがん拠点病院運営委員会で、関係多職種による議論を行い、結果を検証する。

 

ページの先頭へ戻る

QI(QualityIndicator:診療の質指標)研究 

QI(QualityIndicator:診療の質指標)研究について

 QI(QualityIndicator:診療の質指標)研究とは、標準的な診療がどの程度行われているかを、その実施率(行われている割合)でスコア化し、比較することによって、均てん化を図ることを指します。
均てん化とは、がん治療においては、全国どこでもがんの標準的な専門医療を受けられるよう、医療技術などの格差の是正を図ることを意味します。
 そのため、当院では、国立がん研究センター がん対策情報センターが実施する「がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究」に参加しています。

「がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究」とは

院内がん登録とDPCデータを集計・分析することで、がん医療の実態を把握するデータベースを作成し、活用方法を検討することを目的としています。

「がん診療均てん化のための臨床情報データベース構築と活用に関する研究」に関するご説明(PDF:185KB)