文字サイズ
縮小
標準
拡大

色合いの変更

お探しの情報は何ですか。

  • 携帯サイト
  • 館内・病棟のご案内
  • 交通アクセス
  • サイトマップ

ホーム > 入院される方へ > 入院生活のご案内 > 入院患者さまへのお薬の説明

ここから本文です。

更新日:2016年11月8日

入院される方へ

入院患者さまへのお薬の説明

薬剤師が入院中の患者さんのベッドサイドに伺い、お話しさせていただくことがあります。

現代のように医療が高度化・複雑化すると、適正な医療が行われるために、様々な分野の専門家が患者さんの治療にかかわることが、より一層重要となってきます。
病院内で使用される薬剤には内服薬(飲み薬)以外にも、注射薬、消毒薬、シップ・軟膏など外用剤があり、いずれも正しく使用されなければ、充分な効果が得られなかったり、副作用を生じる危険があります。
そこで薬剤師は入院中の患者さんへの役割として、次のような活動を行っております。

患者さんのもとへ直接伺います

  • 薬の効能、使い方などお話します
  • 副作用症状が現れていないか確認します
  • 退院後、ご自宅でのお薬管理についてご説明します

患者さんのお薬の記録をとります(薬歴といいます)

  • 他院・他科のお薬も含みます
  • 重複・飲み合わせについてチェックします
  • 市販のお薬や健康食品について、注意点をお伝えします

病棟での薬の使用や保管に対し、医師や看護師に情報提供します

薬剤師の視点で気がついた薬の効果や副作用の情報、また患者さんの相談事項などについて、その都度医師や看護師と協議していきます。
直接患者さんへお薬の説明を行う以外にも、注射薬の取りそろえや、毎日の処方薬確認などの作業があり、現在一部の病棟に入院された患者さんに限られていますが、薬剤師がベッドサイドに伺った際には

  • 薬の飲み方でわからないことがある
  • 薬を飲んで調子が悪くなった
  • 他の病院の薬も飲んでいる、薬局で購入している薬がある

…など、質問がありましたらお尋ねください。