• ホーム
  • 折々の手続き
  • 手稲区の紹介
  • まちづくり
  • 施設の案内

ホーム > 手稲区の紹介 > 手稲区の概要

ここから本文です。

更新日:2021年10月4日

手稲区の概要

シンボルマーク 位置と広さ 自然

 シンボルマーク

手稲区シンボルマーク<色指定>緑→Y100%+C100% 水色→C100% 青→M50%+C100%

平成2年3月に制定されました。

三角形は、やさしく区民を見つめる手稲の山々と、未来に向かって限りなく発展を続ける手稲区を象徴します。

曲線は、手稲の歴史を刻む「軽川(かるがわ)」と、人情味あふれる区民相互の協調と連帯のひろがりを表します。

色彩は、木々の緑、さわやかな水辺、澄みきった青空を表現し、これらの豊かな自然を大切にする区民の心意気を表します。

ページの先頭へ戻る

 位置と広さ

手稲区は、市の北西部に位置し、南東は手稲山の山頂から新川にかけて西区と、西は手稲連山の尾根を境として南区・小樽市と、北東は北区・小樽市・石狩市と、北西はおたるドリームビーチのある小樽市と接しています。

面積は56.77平方kmで東西に10.9km、南北に9.4kmの広がりをもっており、札幌市の中では10区中6番目の広さを有しています。

札幌市地図

 

ページの先頭へ戻る

 自然

手稲区は市内でも極めて自然に恵まれた地域であり、特に南西部に位置する手稲山(標高1,023.1m)は、四季折々の豊かな自然に恵まれ、手稲区のシンボルとなっています。手稲山にある星置の滝や乙女の滝は訪れる人に雄大で美しい姿を見せており、手稲山北尾根ルート(自然歩道)や山頂からは眼下に広がる札幌の街並みや日本海、さらには遠く増毛連山などの素晴らしい眺望を楽しむことができます。

また、手稲山は、春には山菜採り、夏・秋には登山やハイキング、冬にはスキー、スノーボードなど、四季を通じて絶好のスポーツ、レクリエーションの場として、市民から親しまれています。

そのほか、手稲山を源として軽川(がるがわ)、三樽別川(さんたるべつがわ)、中の川、星置川などの河川が市街地を流れており、魚や昆虫、水鳥が数多く生息しています。

taki スキー場

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市手稲区市民部総務企画課

〒006-8612 札幌市手稲区前田1条11丁目1-10

電話番号:011-681-2400

ファクス番号:011-681-6639