• ホーム
  • 手続き・相談
  • お知らせ
  • 西区の取り組み
  • 西区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ここから本文です。

更新日:2024年1月31日

西区食育イベント情報

「大人の味覚教室」~料亭の料理長から学ぶ だしのいろは~を開催します

 「だし」のおいしさ再確認!料亭の料理長を講師に迎え、「だし」を中心とした日本料理の良さを教えていただきます。いろいろな種類の「だし」の試飲やワークショップなどを通じ、「だし」を活用したおいしい減塩調理について学び、食や健康への関心を高めます。 

 1 日時 令和6年3月20日(水曜日・春分の日) 13時00分~16時30分

 2 場所 西区民センター 2階 料理実習室 

 3 対象 西区にお住まいまたは通勤している方で18歳以上の方 24名

 4 参加費  無料

 5 内容

    講話・ワークショップ・調理実習

    講師 さっぽろ川甚本店 料理長 本間 勇司 氏

 6 申込方法

   下段の申込フォーム、ハガキ、FAXのいずれかでお申込みください。

   必要事項:氏名、住所、電話番号、年齢、当該イベントを知ったきっかけ

   締切:令和6年3月1日(金曜日)ハガキの場合は当日消印有効

   ※応募者多数時は抽選。当選した方にのみ、3月11日(月曜日)頃に郵送で連絡します。

    申込フォームはコチラから

令和6年1月19日(金曜日):「親子食育料理教室」を開催しました!

 1月19日(金曜日)午前10時から、西区民センターで「親子食育料理教室」を開催しました。5歳~小学3年生の児童とその保護者12組が参加しました。この教室は「地産地消」「野菜を食べること」の大切さを知ってもらうために「西区食育推進ネットワーク」が企画しました。

 最初に、栄養教諭・栄養士西ブロック会の栄養士がペープサート(紙人形劇)を使って、小松菜の良さを楽しく、わかりやすく伝えていました。

 続いて、西区食生活改善推進委員による調理説明では、調理のポイントや包丁や道具の使い方などを教えていました。

食育講話の様子調理説明の様子

 今回のメニューは「小松菜カレーそぼろめし」「ごろごろサラダ」「りんごのラッシー」です。子どもたちは、保護者やスタッフと一緒に、野菜を細かく切ったり、具材を混ぜたりと、真剣に調理を進めていました。最後は「いただきます!」をし、全員で元気よく挨拶をし、食べ始めました。アンケートでは、「また料理をしたくなった」「小松菜のことを聞けてよかった」といった感想が寄せられました。

試食の様子

「キッズ・シェフ~教えて!西区でとれる小松菜のこと~」を開催しました

 令和5年7月27日(木曜日)、西区民センターで、西区食育推進ネットワーク主催のイベント、「キッズ・シェフ~教えて!西区でとれる小松菜のこと~」を開催しました。

 このイベントは、西区に住む子どもたちが、西区の農業の専門家の話を聞いたり、小松菜を使った料理の実習をしたりすることで「地産地消」や「野菜摂取」への興味関心、意欲をもつことを目的としています。

 事後の参加者アンケートには、「楽しかった。今度、(小松菜と似ている野菜である)ほうれん草と比べてみたい」「小松菜は含まれている栄養素が多く、とてもおいしかった」と書かれていた。

 保護者のアンケートには「身近に野菜の産地があることに驚いた。今後、地元の野菜を食べていきたと思った」「これからも栄養価の高い小松菜をたくさん食べていきたい」「とても楽しく参加した。よい企画だと思う」といった感想が寄せられました。

講話と調理

これまでの食育イベント

 

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市西区保健福祉部健康・子ども課

〒063-0812 札幌市西区琴似2条7丁目1-20

電話番号:011-621-4241  内線:682

ファクス番号:011-641-0392

※食中毒等による健康被害の発生や児童虐待など、緊急の対応が必要な場合は、直接お電話にてご連絡願います。