ここから本文です。

更新日:2018年3月5日

ストーブ火災実験

ストーブなどの暖房器具は寒い冬には欠かせないものですが、近くに燃えやすいものを置いたり、間違った使い方をすると火災につながります。

ガソリン誤給油

ポータブル石油ストーブ

実験想定

ポータブル石油ストーブに灯油の代わりにガソリンを給油し、点火しました。

実験結果

異常燃焼発生後、火災化しました。

実験写真

ポータブル石油ストーブから出火した画像

 

実験動画

石油ファンヒーター

実験想定

石油ファンヒーターに灯油の代わりにガソリンを給油し、点火しました。

実験結果

異常燃焼発生後、吹き出し口から炎が噴出し、自動消火装置が作動し停止しました。

実験写真

石油ファンヒーターへのガソリン誤給油による出火画像

 

実験動画

可燃物の接触

洗濯物の落下

実験想定

石油ストーブの真上に洗濯物(タオル)を干しました。

実験結果

ストーブ熱による上昇気流の影響で乾いた洗濯物が落下し、火災化しました。

実験写真

ストーブ上の洗濯物が落下し出火した画像

 

実験動画

布団類の接触

実験想定

寝返りの影響で電気ストーブに掛布団が接触しました。

実験結果

約17分後に掛布団が発火しました。

実験写真

電気ストーブが掛け布団が接触し出火した画像

 

実験動画

ストーブ火災を防ぐポイント

  • ストーブの真上に洗濯物を干さないでください。
  • ストーブの近くに燃えやすいものを置かないでください。
  • 異常燃焼が起きた場合はすぐに使用を中止してください。
  • 燃料の取り違いには十分に注意してください。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局消防学校教務課

〒063-0850 札幌市西区八軒10条西13丁目3-1

電話番号:011-616-2262

ファクス番号:011-271-0957