ここから本文です。

更新日:2016年8月4日

動物取扱業の登録

「動物の愛護及び管理に関する法律」の規定により、業として動物(哺乳類、鳥類、爬虫類)を取り扱う場合は、「第一種動物取扱業」の登録が必要です。

また、飼養施設を設置して動物の譲渡しや展示を行う場合、「第二種動物取扱業者」として届出が必要です。詳しくは第二種動物取扱業の届出についてをご覧ください。

 

 

 

第一種動物取扱業

動物の販売や保管などの動物取扱業を営むには、自治体への登録が必要です(動物の愛護及び管理に関する法律〔以下、動愛法〕第10条)。

1.対象となる動物取扱業者の具体例

業種

業の内容

該当する具体的な例

販売

動物の小売及び卸売り並びにそれらを目的とした繁殖又は輸出入を行う業

(その取次又は代理を含む)

小売業者、卸売業者、

販売目的の繁殖又は輸入を行う業者、

露店等における販売のための動物の飼養業者

保管

保管を目的に顧客の動物を預る業

ペットホテル業者、

美容業者(動物を預る場合)、ペットシッター

貸出

愛玩、撮影、繁殖その他の目的で動物を貸し出す業

ペットレンタル業者、

映画等のタレント・撮影モデル・繁殖用等の動物派遣業者

訓練

顧客の動物を預かり訓練を行う業

動物の訓練・調教業者、出張訓練業者

展示

動物を見せる業

(動物とのふれあいの提供を含む)

動物園、水族館、動物ふれあいテーマパーク、

移動動物園、動物サーカス、乗馬施設・

アニマルセラピー業者(「ふれあい」を目的とする場合)

競りあっせん 動物の売買をしようとする者のあっせんを会場を設けて競りの方法により行う業 動物オークション会場の運営業者
譲受飼養 動物を譲り受けてその飼養を行うこと(当該動物を譲り渡した者が当該飼養に要する費用の全部又は一部を負担する場合に限る。) 老犬・老猫ホーム等業者

 

2.札幌市内の第一種動物取扱業者登録名簿

札幌市に登録されている第一種動物取扱業者の一覧です(更新は原則毎月上旬に行います)。

注意:Excel形式はオートフィルタ機能により施設所在区と登録業種の抽出ができます。

3.新規登録について

札幌市内で第一種動物取扱業を営む場合は、事業所ごと、業種ごとに申請が必要になります。

1.登録申請

申請先、問合せ先は札幌市動物管理センター(西区八軒9条東5丁目1-31 電話011-736-6134)です。

*福移支所では、申請できませんのでご注意ください。

《必要書類》
1.第一種動物取扱業登録申請書

(様式)word形式(ワード:57KB)

PDF形式(PDF:178KB)

(記入例)word形式(ワード:63KB)

PDF形式(PDF:224KB)

2.第一種動物取扱業の実施の方法(販売業、貸出業のみ)

(様式)word形式(ワード:23KB)

PDF形式(PDF:100KB)

(記入例)word形式(ワード:39KB)

PDF形式(PDF:193KB)

3.犬猫等健康安全計画(犬猫の販売業のみ)

 

(様式)word形式(ワード:30KB)

PDF形式(PDF:73KB)

(注意事項・記入例)PDF形式(PDF:169KB)

4.登記事項証明書(申請者が法人の場合に交付から6か月以内の原本が必要。申請者が個人の場合は必要ありません)

5.申請者、動物取扱責任者等の要件を示す書類

(様式)word形式(ワード:33KB)

PDF形式(PDF:86KB)

(記入例)word形式(ワード:40KB)

PDF形式(PDF:130KB)

  • 動物取扱責任者の資格要件として実務経験を選択した場合(実務経験証明書)

(様式)Excel形式(エクセル:19KB)

PDF形式(PDF:118KB)

(記入例)Excel形式(エクセル:25KB)

PDF形式(PDF:139KB)

6.飼養施設の平面図(飼養施設を有する場合)
7.飼養施設の付近見取図(飼養施設を有する場合)

8.役員の氏名及び住所(申請者が法人の場合に必要です。申請者が個人の場合は必要ありません)

9.手数料 1業種あたり15,000円

  • 例えば、ペットショップ(販売業)とペットホテル(保管業)を営業する場合は、15,000円×2業種=30,000円の手数料となります。
10.身分証明(申請者が個人の場合に確認します。運転免許証、健康保険証等)

*販売業と保管業のように、同時に複数の業種を登録申請する場合、上記1及び2は業種ごとに作成し、3から7の書類については、原則各1部の提出で結構です。

2.施設の立入検査

事前に日程等を調整のうえ、施設の立入検査を行います。施設内外の写真撮影も行います。

このとき、原則として動物取扱責任者の方に立会っていだたきます。

3.動物取扱業登録簿への登録

登録簿については、ホームページでの公開を含め市民等への閲覧に供します(動物の愛護及び管理に関する法律第15条に規定)。

4.登録証の交付

事前に申請者に連絡し、動物管理センター窓口で交付します。受領時には印鑑が必要です。

5.営業の開始

動物取扱業を営むには、動物の愛護及び管理に関する法律で定められた基準や細目を遵守してください。

特に、広告を掲載する場合は、申請者氏名(法人名)、事業所の名称及び所在地、動物取扱業の種別、登録番号並びに登録年月日及び登録の有効期間の末日並びに動物取扱責任者の氏名を記載することが義務付けられていますので注意してください(取扱業細目第6条第1号)。

また、申請事項に変更が生じた場合や営業を廃止した場合等には、届出が必要ですので、その際は動物管理センターまでお問い合わせください。

《参考様式》

記録保管すべき項目については、下記の様式を参考にしてください。

販売時における説明及び確認(貸出時における情報提供)実施状況記録台帳

*販売業及び貸出業のみ

word形式(ワード:25KB)

PDF形式(PDF:167KB)

飼養施設及び動物の点検状況記録台帳

word形式(ワード:30KB)

PDF形式(PDF:126KB)

繁殖実施状況記録台帳

word形式(ワード:31KB)

PDF形式(PDF:175KB)

取引状況記録台帳

word形式(ワード:22KB)

PDF形式(PDF:167KB)

6.動物取扱責任者研修の受講

年1回以上の受講が義務付けられています。研修会の実施にあたっては、札幌市から各申請者にご案内します。

3.登録の更新について

第一種動物取扱業者は、5年ごとに登録の更新をしなければなりません。登録更新は、登録満了日の2か月前から申請することができます。

《必要書類》

1.更新申請書

(様式)word形式(ワード:58KB)

PDF形式(PDF:182KB)

(記載例)word形式(ワード:61KB)

PDF形式(PDF:185KB)

2.第一種動物取扱業の実施の方法(販売業、貸出業のみ)  

3.犬猫等健康安全計画(犬猫の販売業のみ)

 

4.その他、申請内容に変更がある場合のみ

  1. 法人の住所、名称又は代表者等が変更の場合
    • 変更後に発行された「登録事項全部証明書」の原本(交付から6か月以内)
  2. 動物取扱責任者又は重要事項説明者が変更の場合
    • 資格証明書類(原本)又は実務経験証明書
  3. 施設の変更
    • 新しい施設の平面図
 
5.身分証明(申請者が個人の場合に確認、運転免許証等)  

 

4.第一種動物取扱業を営む方へ

動物取扱責任者について

  • 動物取扱業の営業を行う者は、事業所ごとに1名以上の常勤かつ専属の動物取扱責任者を選任しなければなりません。
  • 動物取扱責任者は、責任者研修を年1回以上受講しなければなりません。
  • 動物取扱責任者になるためには、下記リンクページに示すとおり一定の要件を満たす必要があります。

*参考ページ:動物取扱責任者の要件

*詳しくは、動物管理センターまでお問い合わせください。

変更や廃止の届出について

登録内容の変更について

登録している内容を変更する場合は、30日以内に変更の届出が必要です。あらかじめ動物管理センター(011-736-6134)へお問い合わせください。

*店舗(飼養施設)を移転する場合は、新規登録申請となりますのでご注意ください。

*参考ページ:環境省ホームページ(動物の愛護・管理)について

《届出様式》
動物取扱業変更届出書

(様式)word形式(ワード:35KB)

PDF形式(PDF:103KB)

(記入例)word形式(ワード:35KB)

PDF形式(PDF:136KB)

業務内容・実施方法変更届出書

(様式)word形式(ワード:30KB)

PDF形式(PDF:131KB)

(記入例)word形式(ワード:32KB)

PDF形式(PDF:214KB)

飼養施設設置届出書

(様式)word形式(ワード:37KB)

PDF形式(PDF:128KB)

(記入例)word形式(ワード:45KB)

PDF形式(PDF:218KB)

動物取扱業登録証再交付申請書(手数料1,100円)

(様式)word形式(ワード:28KB)

PDF形式(PDF:130KB)

(記入例)word形式(ワード:30KB)

PDF形式(PDF:203KB)

動物取扱業の廃止について

動物取扱業を廃止する場合は、廃止の届出を行う必要があります。廃止届に必要事項を記入し、登録証を添付の上動物管理センターに提出してください。

《届出様式》
廃止等届出書

(様式)word形式(ワード:33KB)

PDF形式(PDF:83KB)

(記入例)word形式(ワード:35KB)

PDF形式(PDF:103KB)

 

犬猫等販売業者が行う手続きについて

犬猫の販売業者は、犬猫が健康で暮らせるよう、また販売することが難しくなった場合でも責任を持って終生飼養する又は新たな飼い主を探すための取組についての提出が必要となります。(犬猫等健康安全計画)

また、飼養施設にいる犬猫一頭ごとに帳簿を備え付け保管する必要があります。その帳簿を元にして、新たに飼養を始めた犬猫の頭数、販売数、死亡した頭数について月ごとの合計数をまとめ、毎年1回報告をする必要があります。

《様式》

犬猫等販売業者定期報告届出書

(毎年4月から3月までの1年度分を翌年度の5月30日までに提出してください。)

(様式)word形式(ワード:56KB)

PDF形式(PDF:120KB)

excel形式(エクセル:31KB)

(記載例)PDF形式(PDF:128KB)

犬猫の個体を管理する帳簿

(このファイルで示す内容が含まれていれば、どのような形式でも構いません)

ecxel形式(エクセル:29KB)

PDF形式(PDF:49KB)

その他、ご不明な点は動物管理センターにお問い合わせください。

第二種動物取扱業の届出について

動物の譲り渡しや動物のふれあい展示(非営利)などを行う場合で、一定頭数以上の動物(犬や猫で計10頭以上)を飼育している場合は、「第二種動物取扱業」として届出が必要です。

第二種動物取扱業の届出が必要な具体例

業種

該当する具体的な例

譲渡

動物を保護して新たな飼養者を探す個人、団体

訓練 盲導犬、聴導犬などを飼育する団体など

展示

動物のふれあい活動を行っている公園など

※上記の例は第二種動物取扱業の届出が必要な事例の一部です。行っている業務が第二種動物取扱業に該当するかについては、動物管理センターに確認してください。

 

届出について

届出先:札幌市動物管理センター(西区八軒9条東5丁目1-31)

下記の必要書類を窓口までお持ちください。

《必要書類》
1.第二種動物取扱業届出書

(様式)word形式(ワード:52KB)

PDF形式(PDF:162KB)

(記載例)word形式(ワード:57KB)

PDF形式(PDF:184KB)

2.第二種動物取扱業の実施の方法(譲渡、貸出業に限る)

(様式)word形式(ワード:32KB)

PDF形式(PDF:95KB)

(記載例)word形式(ワード:33KB)

PDF形式(PDF:116KB)

3.飼養施設の平面図

4.飼養施設の付近見取図
5.登記事項証明書(届出者が法人の場合、原本で交付後6か月以内のもの)
6.身分証明(届出者が個人の場合に確認、運転免許証等)

 届出内容の変更について

届出した内容に変更があった場合は、30日以内に変更届を提出してください。

第二種動物取扱業変更届出書

(様式)word形式(ワード:34KB)

PDF形式(PDF:94KB)

(記載例)word形式(ワード:35KB)

PDF形式(PDF:117KB)

登録注射バーナ

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所動物管理センター

〒063-0869 札幌市西区八軒9条東5丁目1-31

電話番号:011-736-6134

ファクス番号:011-736-6137

●業務時間は、月曜日から金曜日の8時45分から17時15分までです。土日祝祭日はお休みです。
●ご意見・ご要望はお問い合わせフォームから。
●このページはリンクフリーです。リンクは札幌市動物管理センタートップページ(http://www.city.sapporo.jp/inuneko/)にお願いいたします。