ホーム > くらし・手続き > 動物・ペット > ペット(動物管理センター) > 動物愛護管理行政のあり方について

ここから本文です。

更新日:2017年7月19日

動物愛護管理行政のあり方について

近年、動物愛護に関する市民の意識や役割及び動物愛護管理に係る施策等が変化し、動物愛護管理行政のあり方を見直す必要が生じております。

札幌市は、この現状を踏まえ、今後の動物愛護管理行政のあり方について検討しています。

 

札幌市動物愛護管理推進協議会(平成28年4月20日~)

市民、行政及び関係機関が連携・協働し施策を推進する場として札幌市動物愛護管理推進協議会を設置しました。

札幌市動物の愛護及び管理に関する条例の制定(平成28年3月30日公布、平成28年10月1日施行)

基本構想で掲げる目標の実現と課題解決に向けて、
行政、市民、動物取扱業者及び動物関係団体の役割を明確にし、基本施策を盛り込んだ市条例を制定しました。

札幌市の動物愛護管理行政を推進するための基本的な考え方を示す基本構想を策定しました。

札幌市動物愛護管理のあり方検討委員会(平成26年3月~平成27年8月)

学識経験者や市民を交えた札幌市動物愛護管理のあり方検討委員会を設置し、今後の札幌市の動物愛護管理のあり方を検討しました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市保健福祉局保健所動物管理センター

〒063-0869 札幌市西区八軒9条東5丁目1-31

電話番号:011-736-6134

ファクス番号:011-736-6137

●業務時間は、月曜日から金曜日の8時45分から17時15分までです。土日祝祭日はお休みです。
●ご意見・ご要望はお問い合わせフォームから。
●リンクは札幌市動物管理センタートップページ(http://www.city.sapporo.jp/inuneko/)にお願いいたします。