ここから本文です。

更新日:2024年2月21日

観覧を制限している動物のご案内

ゾウ舎の観覧制限について(2月26日・27日)

2024年2月26日(月曜日)及び2月27日(火曜日)は、ゾウ舎屋内放飼場の改修工事を行うため、ゾウ舎を閉鎖いたします。

これに伴い、終日、アジアゾウをご観覧いただくことができなくなります。

観覧の再開は、2月28日が休園日となるため、2月29日(木曜日)からとなります。

皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

アジアゾーン熱帯雨林館の観覧制限について

2024年1月27日(土曜日)にシロテテナガザルの仔が誕生したことから、安心して育児ができる静かな環境を作るため、熱帯雨林館を閉鎖しております。ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

鳥インフルエンザ対策に係る動物の観覧制限について(2024年2月15日更新)

高病原性鳥インフルエンザ対策として、鳥類を飼育している獣舎の閉鎖・鳥類の屋内収容を実施しています。

これに伴い、以下の動物がご覧いただけません。

動物舎

対応 観覧できない動物
カンガルー館 閉館

モモイロインコ、カンムリシロムク、オグロプレーリードック、

スローロリス

こども動物園 鳥類の収容

ニワトリ

キリン館1階 閉鎖

ダチョウ、ハダカデバネズミ

総合水鳥舎 ペンギン以外屋内収容

アカツクシガモ、ショウジョウトキ、シュバシコウ、アオサギ、

ゴイサギ、タンチョウ

熱帯鳥類館 閉鎖

フラミンゴ、インドクジャク、オオジシギ、オニオオハシ、

セイキムクドリ、ノドグロコウカンチョウ、アカハナグマ

ホッキョクグマ館の観覧制限について

ゼニガタアザラシ「ジージー」の展示中止について

ホッキョクグマ館アザラシ展示場にて飼育展示しているゼニガタアザラシ「ジージー」(メス34歳)は、冬季になると寒さの影響と思われる震えが見られるようになることから、令和5年11月14日に温度調整の可能な治療用プール(非公開)へ移動しました。これによりゼニガタアザラシをご覧いただくことができなくなりますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

シナガチョウの展示中止について

こども動物園ビーバーの森にて飼育展示しているシナガチョウについて、高齢であることから今後の寒さが厳しくなる時期に備え、令和5年11月14日に暖かい鶏舎に移動しました。これに伴い、当面の間、シナガチョウをご覧いただくことができなくります。

皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

オランウータンの展示について

類人猿館の建て替え工事に伴い、「弟路郎(ていじろう)」(オス24歳)は一時的に釧路動物園に移動し、「レンボー」(メス22歳)、「レイト(令斗)」(オス1歳)は園内の動物病院に移動しているため、現在ご覧いただけません。

皆様のご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

なお、「レンボー」と「レイト(令斗)」につきましては、定期的にご覧いただける機会を設ける予定です。

アジアゾーン寒帯館・高山館の観覧時間について

円山動物園では動物たちが安全で健康的な生活することができるように、獣舎の安全確認やハズバンダリートレーニングを利用した動物の健康管理に力を入れております。このため、開園中であっても動物を観覧することができない時間帯がありますのでご了承ください。
アジアゾーンの寒帯館および高山館で飼育する動物たちの観覧時間は以下のとおりです。

  • 寒帯館(ユキヒョウ):9時45分頃~16時頃
  • 高山館(ヒマラヤグマ):10時頃~16時頃
  • 高山館(シセンレッサーパンダ):9時30分頃~16時頃

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428