ここから本文です。

更新日:2020年9月26日

観覧についてのご案内 

観覧できない動物について 

熱帯鳥類館バードホールの閉鎖について

9月26日(土曜日)
ホール内温度保持のため、バードホールを閉鎖いたします。
これに伴い、バードホール内で飼育している鳥類、及びムツオビアルマジロにつきましてはご覧いただけません。
ご理解の程お願いいたします。

アフリカゾーン キリン館 キリンの「ユリカ」馴化に伴う閉鎖について

9月24日(木曜日)追記
キリンの「ユリカ」は9月16日(水曜日)から屋外放飼の練習を開始し、天気の良い日は屋外で柵越しにキリンのオス「テンスケ」と触れ合いながら過ごす「ユリカ」をご覧いただけるようになっております。
そのため、今後、段階的に観覧を再開する予定であり、まずは9月25日(金曜日)から、キリン館2階の観覧の再開をいたします。
2階屋外デッキからのキリンの観覧については「ユリカ」の状態を確認しながらとなりますが、2階屋内のミーアキャットについては観覧可能となりますので、ぜひ会いに来ていただければと思います。
9月25日(金曜日)からは、引き続きハダカデバネズミは観覧できないほか、サーバルキャット、ダチョウは屋外放飼中はご覧いただけますが、屋内に入っているときはご覧いただけません。キリンは屋内にいる場合でも2階からご覧になることができます。
ご協力お願いいたします。追記以上


2020年9月14日(月曜日)にキリンの「ユリカ」が来園したことに伴い、「ユリカ」の挙動や採食などを注意深く見守りながら、段階的に馴化を行うことが必要になるため、当面の間、キリン館館内を閉鎖いたします。
そのため、ミーアキャット及びハダカデバネズミはご覧いただけません。
また、サーバルキャット、ダチョウ、キリン(元から暮らしていたテンスケについては状況次第で屋外放飼します)は、屋外放飼中はご覧いただけますが、屋内に入っているときはご覧いただけません。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

アジアゾーン寒帯館 ユキヒョウの繁殖準備に伴う屋内展示場閉鎖について

2020年9月24日(木曜日)追記
ユキヒョウ「シジム」に妊娠・偽妊娠の可能性があったため、アジアゾーン寒帯館を8月24日(月曜日)から閉館させていただいていておりましたが、残念ながら今回は妊娠に至らなかったと判断し、寒帯館を9月26日(土曜日)に開館いたします。来園者のみなさまには寒帯館の閉館にご協力いただきありがとうございました。追記以上

2020年9月20日(日曜日)追記

妊娠・偽妊娠の可能性があったため様子を見ていたユキヒョウの「シジム」ですが、残念ながら現在のところ出産の兆候となる乳首のふくらみや行動の変化は見られていない状況です。
念のためもう少しだけアジアゾーン寒帯館閉鎖を継続させていただければと思いますので、ご協力よろしくお願いいたします。追記以上

2020年5月30日から6月7日からにかけて、ユキヒョウのメス「シジム」とオス「コハク」のペアリングを行いました。
6月2日には9回、6月3日には23回のマウントが確認されましたが、いずれも交尾の時間は短く、妊娠の可能性は低いと考えていたところです。
しかし、7月下旬頃から、シジムに、妊娠・偽妊娠(妊娠していないのに妊娠したのと同様な体や行動の変化が起こる状態)の兆候の一つである警戒心の高まりなどが認められております。
もし、仮に妊娠している場合、最短では8月31日、最長では、9月末に出産する可能性も無くはないところです。
そこで、妊娠している場合のことも考え、落ち着いた環境の中で寒帯館の屋内展示場内にある産箱を必要に応じて使えるようにするため、大事を取って、8月24日(月曜日)から9月下旬まで寒帯館の屋内施設を閉館させていただきます。
シジムの状況は、はっきりとはわかりませんが、ご理解をいただき、見守っていただきたいと思います。
なお、アムールトラは、屋内外展示場扉を開放しての展示、ユキヒョウは、屋外展示場での展示を継続する予定ですので、動物は屋外からご覧いただきたいと思います。
また、シジムの状況は逐次、ホームページやツイッターでお知らせしてまいります。
お客様には大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、ご理解ご協力の程よろしくお願いいたします。

屋内閉鎖期間:8月24日(月曜日)~9月下旬

アジアゾーン寒帯館・高山館の観覧時間について

 円山動物園では動物たちが安全で健康的な生活することができるように、獣舎の安全確認やハズバンダリートレーニングを利用した動物の健康管理に力を入れております。このため、開園中であっても動物を観覧することができない時間帯がありますのでご了承ください。
 アジアゾーンの寒帯館および高山館で飼育する動物たちの観覧時間は以下のとおりです。

  • 寒帯館(ユキヒョウ・アムールトラ):9時45分頃~16時頃
  • 高山館(ヒマラヤグマ):10時頃~16時頃
  • 高山館(シセンレッサーパンダ):9時30分頃~16時30分頃

なお、アムールトラは寝室との出入りを自由にしているため、寝室にいる時はご覧いただけない場合があります。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428