ここから本文です。

更新日:2016年5月25日

駐車場

駐車場の隔地の緩和について(駐車場整備地区)

附置義務条例が適用となる建築物は、規定の駐車施設を原則自己敷地内に設けなければなりませんが、都心部のまちづくりにおける課題の解消のためには、自己敷地外への設置(隔地)を柔軟に認めていくことが有効であると考えられます。そこで、都心部においては附置義務駐車場の隔地による設置ができるよう見直し、平成25年5月1日に運用を開始しました。

※札幌市建築物における駐車施設の附置等に関する条例

駐車場施策の見直しの考え方について(詳細版)(PDF:375KB)

 条例の内容や認定要件、手続き等については、建築指導部建築安全推進課のページをご覧下さい。

機械式立体駐車場での事故にご注意ください

最近、機械式立体駐車場において痛ましい事故が相次いで発生しています。事故防止のため、装置の利用等について、改めて注意していただきたいことをお知らせします。報道発表資料(国土交通省のページへリンク) 

駐車施策について

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局総合交通計画部交通計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2275

ファクス番号:011-218-5114