ホーム > くらし・手続き > 交通 > 交通計画・施策 > 都心アクセス強化(創成川通の機能強化)

ここから本文です。

更新日:2018年10月26日

都心アクセス強化(創成川通の機能強化)

はじめに

幌都心には、さまざまな高次都市機能が集積しており、今後、激しさを増す都市間競争下で北海道・札幌の暮らしを支え、経済をけん引していくため、国内外から多くのヒト・モノ・投資を呼び込み、魅力があふれ、世界を引きつける役割が期待されています。
幌を取り巻く社会情勢として、北海道新幹線札幌延伸や人口減少社会、まちの更新時期の到来など、まさに札幌が大きな転換期を迎える今、将来を見据え、都市の魅力と活力を高めていく取組が必要です。

都心アクセス強化の必要性

幌市は他都市と比べ、都心から高速道路までの距離が遠く、都心へのアクセス性が脆弱な状況にあります。
幌が世界都市としての魅力と活力を創造し続けていくためには、道内の各地域や空港・港湾等の交通拠点から都心へのアクセスを強化し、北海道新幹線札幌延伸とも連携した広域的な交通ネットワークの形成が必要です。
このため、平成24年1月に「札幌市総合交通計画」において、創成川通(国道5号)を自動車の円滑性向上を重点的に図る路線(都心アクセス強化道路軸)に位置づけるとともに、「札幌市まちづくり戦略ビジョン」(平成25年10月)、「第2次都心まちづくり計画」(平成28年5月)などの各種計画において、その必要性を位置づけ、国等の関係機関と連携し、創成川通(国道5号)の機能強化に向けた検討を進めています。

都心アクセス強化の検討区間2

創成川通の現状と課題

  • 朝夕ラッシュ時、冬期積雪時は速度低下が著しく、移動時間のばらつきが大きいことから、目的地まで時間どおりに到着することが困難な状況
  • 並行、交差道路における交通混雑が発生
  • 札幌北ICにおける出口渋滞が発生

創成川通の混雑状況

冬期における創成川通の混雑状況

札幌北IC出口付近の混雑状況

札幌北IC出口付近の混雑状況

創成川通の機能強化により期待される効果

創成川通の機能強化により、様々な分野において、その整備効果が期待されています。

 

暮らし

観光・ビジネス

物流

期待される効果(暮らし)

  • 都心へのアクセス時間短縮により、通院・買物など道民の暮らしを支援
  • 渋滞、交通事故が軽減され、安全で快適な交通環境を確保

期待される効果(観光・ビジネス)

  • 空港、観光地等とのアクセス性向上により、観光地での滞在時間が長くなるなど観光周遊を支援
  • 丘珠空港のアクセス性向上により、道内各拠点間の移動を支援

期待される効果(物流)

  • 安定した輸送ルートが確保され、物流の信頼性が向上
  • 物流の効率化により、ドライバーの負荷を軽減
  • 石狩湾新港までの輸送ルート強化

医療

防災

まちづくり

期待される効果(医療)

  • 救急搬送時間の短縮により、救命率を大きく向上

 

期待される効果(防災)

  • 大規模災害時における空港・港湾等との連携強化

 

期待される効果(まちづくり)

  • 人と環境を重視した交通環境の創出
    (創成川通アンダーパス連続化事業の事例では、地上部の空間活用が図られ、にぎわいの創出、東西市街地の連携強化に貢献)

札幌都心アクセス道路検討会

平成28年度から、札幌都心部と高速道路とのアクセス強化について、札幌都心アクセス道路検討会を設置し、関係機関(札幌市、北海道、北海道開発局)の連携のもと、創成川通の課題解決方策について検討を行っております。

札幌都心アクセス道路検討会のページ(北海道開発局ホームページ)

 

計画段階評価

平成30年度から、国土交通省による計画段階評価の手続きに着手しました。
計画段階評価では、学識経験者等の第三者から構成される委員会(北海道地方小委員会)や地域の意見を聞き、事業の必要性及び事業内容の妥当性を検討します。

北海道地方小委員会(1回目)

平成30年7月31日(火曜日)に、第1回目の北海道地方小委員会が開催されました。

社会資本整備審議会道路分科会・第17回北海道地方小委員会(北海道開発局ホームページ)

地域意見聴取

北海道開発局札幌開発建設部では、都心アクセス強化(国道5号「創成川通」の機能強化)の道路計画にあたり、地域住民や道路利用者からの意見を反映するため、アンケート及びヒアリング調査を行います。

北海道開発局札幌開発建設部報道公表資料(札幌開発建設部ホームページ)

アンケート調査は、無作為抽出による郵送での調査のほか、札幌市及び周辺自治体の市役所や町役場と道の駅に調査票を配架するとともに、インターネットでも回答できます。

【アンケート実施期間】

平成30年10月26日(金曜日)~平成30年11月29日(木曜日)

【アンケート回答方法】

1.インターネットによる回答
国道5号創成川通道路計画に関するアンケート調査(札幌開発建設部ホームページ)

2.調査票を入手して回答(札幌市内アンケート調査票配架場所)
札幌市役所本庁舎5階北側(中央区北1条西2丁目)
札幌市まちづくり政策局総合交通計画部交通計画課事務室

「都心アクセス強化」情報広場を開催します(お知らせ)

現在の検討状況に関するパネル展示を行い、職員がご質問やご意見を受け付けます。

会場

日時

札幌駅地下街アピア

「太陽の広場」

(中央区北5条西3丁目地下)

平成30年11月18日(日曜日) 10時00分~17時00分
平成30年11月19日(月曜日) 10時00分~19時00分

北区民センター1階ロビー

(北区北25条西6丁目)

平成30年11月23日(金曜日・祝) 10時00分~17時00分
平成30年11月24日(土曜日)

10時00分~17時00分

※18時30分から説明会

(会場:1階集会室)

札幌市役所1階ロビー

(中央区北1条西2丁目)

平成30年11月28日(水曜日) 10時00分~17時00分
平成30年11月29日(木曜日) 10時00分~17時00分

東区民センター1階ロビー

(東区北11条東7丁目)

平成30年12月7日(金曜日)

10時00分~17時00分

※18時30分から説明会

(会場:1階集会室)

平成30年12月8日(土曜日) 10時00分~17時00分

※説明会では、職員がスライドを用いて説明を行います。説明会の会場は情報広場でご案内します。

 

「都心アクセス強化」パネル展を開催します(お知らせ)

現在の検討状況に関するパネル展示を行います。

会場

日程

オーロラスクエア

(中央区大通西2丁目地下

さっぽろ地下街オーロラタウン内)

平成30年10月26日(金曜日)~平成30年10月30日(火曜日)

札幌駅前通地下歩行空間(チ・カ・ホ)

北1条イベントスペース(西)

(中央区北1条西4丁目地下)

平成30年11月5日(月曜日)~平成30年11月16日(金曜日)

白石区複合庁舎まちづくりイベント広場

(白石区南郷通1丁目南8地下2階)

平成30年11月20日(火曜日)~平成30年11月22日(木曜日)

南区民センター1階ロビー

(南区真駒内幸町2丁目)

平成30年11月26日(月曜日)~平成30年11月28日(水曜日)

豊平区民センター1階ロビー

(豊平区平岸6条10丁目)

平成30年12月3日(月曜日)~平成30年12月5日(水曜日)

西区民センター1階ロビー

(西区琴似2条7丁目)

平成30年12月5日(水曜日)~平成30年12月7日(金曜日)

※オーロラスクエアは、初日は10時00分から開催、最終日は20時00分まで開催
※札幌駅前通地下歩行空間は、初日は13時00分から開催、最終日は13時00分まで開催
※その他各会場は、初日は11時00分から開催、最終日は15時00分まで開催

平成29年度までの取組

創成川通の機能強化に関しては、平成27年度から交通面のほか、まちづくり、観光、物流、医療及び防災などの様々な観点から課題の分析や期待される効果の検証等を行うなど、検討を進めています。

平成29年度の取組

平成28年度の取組

平成27年度の取組

 

都心アクセス強化(創成川通の機能強化)に対するご意見

都心アクセス強化(創成川通の機能強化)について、今後の調査、検討の参考とするため、随時、皆さまのご意見をお寄せください。

ご意見受付フォームへ

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局総合交通計画部交通計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2275  内線:2275

ファクス番号:011-218-5114