ホーム > 防災・防犯・消防 > 消防・火災予防 > 火災予防 > 自動消火装置設置費助成事業

ここから本文です。

更新日:2018年12月14日

自動消火装置設置費助成事業

消防局では、高齢者世帯における火災が年々増加していることを踏まえ、多くの高齢者の方が安心して生活を送っていただけるよう、高齢者世帯を対象に、火災の熱を感知して自動で消火薬剤を放射する「自動消火装置」の購入および設置費の一部を助成する「札幌市高齢者世帯自動消火装置設置費助成事業」を開始しました。

事業の概要

住宅火災のうち高齢者(65歳以上)世帯で発生した割合は、平成20年が11%であったのに対して、平成29年は24%まで上昇しました。特に、火災原因のうち、「こんろ」・「ストーブ」が全体の4割以上を占めています。
このことから、高齢者世帯に対し、こんろ・ストーブ火災に対応する自動消火装置の設置費用を助成することで、自動消火装置の普及促進を図り、住宅火災による高齢者の被害軽減を図ることを目的としています。

助成受付開始日

平成30年11月1日(木曜日)
平成30年度の助成台数は、150台までとなります。

助成対象者

市内に居住する65歳以上の高齢者のみで構成される世帯を対象とします。

助成額等

高齢者本人等からの申請に基づき、下記のとおり助成します。

  1. 1世帯につき2台まで助成します。
  2. 購入および設置にかかった費用のうち、10分の9に相当する額を助成します。ただし、1台あたり28,700円を助成限度額とし、超過分は全額自己負担となります。

助成額の例

自動消火装置とは

火災の熱を感知して、自動で液体や粉末の消火薬剤を放射する簡易な消火装置です。
複雑な配管施行や電気工事は必要ありません。設置場所や消火用途により、様々な装置が販売されています。

主な自動消火装置

【レンジフード設置型】

自動消火装置(レンジフード)

付属の取付金具を使用して、台所のレンジフード内に固定して設置します。

【壁面設置型】

自動消火装置(壁面型1)自動消火装置(壁面型2)

消火器型の本体を壁面に設置し、銅管を伸ばして先端の感知ノズルをこんろやストーブの上方に取り付けます。

【天井設置型】

自動消火装置(天井型1)自動消火装置(天井型2)

天井または梁などに本体を固定して設置します。
先端のノズルのみを天井から出して、本体を天井内に埋設することも可能です。

助成対象の自動消火装置(製品カタログ)

自動消火装置作動映像・写真(ストーブ火災)

映像

自動消火装置作動映像

自動消火装置作動映像をYouTubeで見る(YouTube:札幌市広報部公式チャンネル)
※スマートフォンやタブレットから映像を見る場合は、YouTubeでご覧いただけます。

写真

自動消火装置写真1

<ストーブから出火>

自動消火装置写真2

<作動時(出火から約1分後)>

自動消火装置写真3

<薬剤放射後>

映像・写真提供:札幌市消防局消防科学研究所

申請の手順

  1. 申請者は、登録販売店に連絡し、相談や見積書の作成依頼を行います。
  2. 申請者は、登録販売店から申請に必要な書類一式と見積書を受領し、札幌市に必要書類を提出してください。
  3. 札幌市による申請内容を審査後、助成金交付決定通知書が申請者へ送られます。
  4. 申請者は、登録販売店に助成金交付決定通知書を提示し、消火装置の購入・設置を申込みしてください。
    このとき、助成金の請求・受領に関する一切の権限を登録販売店に委任するものとします。
  5. 登録販売店は、申請者宅へ設置工事を行います。
  6. 申請者は、助成金を除いた自己負担金を登録販売店へ支払います。

購入・設置の窓口(登録販売店について)

消火装置の購入および設置の窓口は、販売業者として事前に札幌市へ届出を行った登録販売店となります。

登録販売店の一覧(全市)は、こちらをクリックしてください。(PDF:147KB)
各区ごとの登録販売店を知りたい方は、該当する区をクリックしてください。

事業者の皆様へ

販売店の登録について

販売店として登録するには、市内に本社、支店、営業所等を有し、消防用設備等の販売及び設置工事を業として行っており、札幌市火災予防条例(昭和48年条例第34号)第69条に規定する消防設備業の届出を行っていなければなりません。
このほか、登録には事前に札幌市へ以下の書類の提出が必要です。

登録販売店の手引き

本事業を円滑に行うため「手引書」を掲載しますので、ご活用ください。

登録販売店の手引き(第4版 平成30年12月)(PDF:5,619KB)

事業の要綱・様式

要綱

様式

申請に必要な様式は、登録販売店にご用意しています。

助成金の交付を受けようとする場合

以下の書類を申請者本人が札幌市消防局予防部予防課へ提出(郵送可)してください。

消火装置の設置および助成金の受領の委任

以下の書類を申請者本人が登録販売店へ提出してください。

助成金交付の請求および設置完了の報告(登録販売店用)

助成金を請求する際は、請求書(様式8)に加えて、以下の書類を添付し、札幌市消防局庁舎4階総務部総務課へ提出してください。

  • 委任状(様式7)
  • 設置完了報告書(様式9)及び設置完了確認の写真
  • 領収証(様式10)の写し

お問い合わせ先

事業に関する総合窓口

札幌市消防局予防部予防課

  • 住所:〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目 札幌市消防局庁舎3階
  • 電話番号:011-215-2040
  • FAX番号:011-281-8119

自動消火装置に関する相談窓口

直接、登録販売店へご連絡をお願いします。

登録販売店一覧(PDF:147KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市消防局予防部予防課

〒064-8586 札幌市中央区南4条西10丁目1003

電話番号:011-215-2040  内線:2040

ファクス番号:011-281-8119