ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > さっぽろ天神山アートスタジオ

ここから本文です。

更新日:2017年11月29日

さっぽろ天神山アートスタジオ

  さっぽろ天神山アートスタジオは、旧札幌天神山国際ハウスを改修・再整備し、平成26年夏に開催する札幌国際
 芸術祭に併せて、アーティスト・イン・レジデンスの機能を持った札幌市の新しい文化芸術施設として開館しました。

<さっぽろ天神山アートスタジオ施設情報>
 住所:062-0932 札幌市豊平区平岸2条17丁目1番80号(天神山緑地内)
 開館時間:8:45~21時00分
 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合はその翌平日)、年末年始
 TEL:011-820-2140 FAX:011-820-2142
 HP:http://tenjinyamastudio.jp E-mail:info@tenjinyamastudio.jp

  天神山アートスタジオ外観

<さっぽろ天神山アートスタジオの機能>
 ・市内、国内外のアーティストや文化芸術に関する研究者等が滞在しながら制作や調査などの創作活動を行う
 ・アーティスト等と市民が、創作活動やそれに係わるリサーチ活動、またはワークショップ等で交流を行う
 ・札幌国際芸術祭や市内での展示等、市民が作品に触れる機会をつくる
 施設内には、3室の交流スタジオと13室の滞在スタジオがあります。

<滞在スタジオについて>
 滞在スタジオは、全部で13室あり、24時間利用できる滞在型制作・調査活動(アーティスト・イン・レジデンス)のスタジオ、拠点として使用できます。対象は、アマ・プロ問わず美術、音楽、工芸、演劇、ダンス、文芸、写真、映像、デザインなどの分野で活動している市内・国内外のアーティストや研究者などです。使用料は以下のとおりです。
 ※ 10月~3月は、暖房費が別途かかります。設備等詳細も含めて、下記公式ホームページをご覧ください。

  料金1

<交流スタジオ(貸しスペース)について>
 交流スタジオはアーティスト等と市民との交流の場として、また市民の皆様が貸室・貸しスペースとして会議や研修会使用、様々な地域活動、サークル活動などに使用できます。使用料は以下のとおりです。
 ※設備等詳細は、公式ホームページをご覧ください。

 料金2

【申請方法】
 滞在スタジオ、交流スタジオともに、下記の申請書を記載の上、さっぽろ天神山アートスタジオに提出願います。
  ・滞在スタジオ用使用承認申請書(word:75KB)(ワード:72KB)

 ・交流スタジオ用使用承認申請書(word:42)(ワード:39KB)

交流サロン交流スタジオ滞在スタジオ
 【交流サロン(フリースペース)】 【交流スタジオ】 【滞在スタジオ】 
 
©小牧寿里

 施設の詳細については、下記リンクのさっぽろ天神山アートスタジオ公式ホームページをご覧ください。

さっぽろ天神山アートスタジオ公式HP(外部リンク)

さっぽろ天神山アートスタジオFAQ(よくある質問検索サービスにリンク)

 

<過去の募集等>
平成26年度さっぽろ天神山アートスタジオに設置する自動販売機に係る市有財産貸付の一般競争入札について(参加申込受付は終了しました)

「さっぽろ天神山アートスタジオ(仮称)運営管理業務」に係る公募型プロポーザルの実施について【募集は終了しました】

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局国際芸術祭担当部国際芸術祭担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-2314

ファクス番号:011-218-5154