ここから本文です。

更新日:2018年4月4日

札幌市資料館

 札幌市資料館は、大正15年に札幌控訴院として建てられた建物です。昭和48年11月3日、裁判所の移転に伴い札幌市資料館として開館しました。
札幌軟石を使った建物としては全国的にも貴重なものであり、平成9年5月には国の登録有形文化財に選定され、平成30年3月には札幌市の有形文化財に指定されました。

<施設情報>
住所:060-0042中央区大通西13丁目
開館時間:午前9時~午後7時
休館日:月曜日(月曜日が祝休日の場合はその翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:無料
TEL:011-251-0731
FAX:011-271-5921
HP:www.s-shiryokan.jp

札幌市資料館正面

 

<施設内容>
館内には、「おおば比呂司記念室」、「まちの歴史展示室」、控訴院時代の法廷を再現した「刑事法廷展示室」などの各種展示室のほか「ミニギャラリー」6室、「研修室」1室を有しています。
また、平成26年に開催された札幌国際芸術祭(SIAF)2014を契機に次回のSIAF開催に向けた活動拠点として「SIAFラウンジ」と「SIAFプロジェクトルーム」という2つのスペースを設けました。ここではワークショップやレクチャーなど、札幌らしい芸術祭を実現していくために、市民一人ひとりにとっての「札幌」を考え、発見、発信していくプロジェクト「SIAFラボ」の活動が展開されています。(SIAFラボ:http://www.sapporo-internationalartfestival.jp/siaflab/

SIAFラウンジ

【SIAFラウンジ】

刑事法廷展示室

【刑事法廷展示室】

ミニギャラリー

【ミニギャラリー】

 

 

<ミニギャラリー・研修室について>
■ミニギャラリー
6つの貸しギャラリーを開設しています。美術作品などの発表の場として広く利用することができます。
【利用期間】火曜日~日曜日までの6日間を基準とします。

 

室名

各室の面積
(平方メートル)

使用料

1日(9時~19時)あたり

6日間(火曜日~日曜日)

ミニギャラリー1

82.64

4,900円

29,400円

ミニギャラリー2

38.34

2,300円

13,800円

ミニギャラリー3

35.35

2,100円

12,600円

ミニギャラリー4

37.35

2,200円

13,200円

ミニギャラリー5

37.35

2,200円

13,200円

ミニギャラリー6

35.35

2,100円

12,600円

※営利目的で利用する場合などは割増料金がかかります。
※詳細については、下記公式ホームページをご覧ください。また、申込み等については資料館(TEL:011-251-0731)までお問い合わせください。


■研修室
会議・集会・研修などに幅広く利用でき、プロジェクターなど映像・音響機器も備えています。

室名

面積(平方メートル)等

貸出単位

使用料

研修室

110平方メートル,63席

午前(9時~12時)

3,400円

午後(13時~17時)

4,500円

全日(9時~17時)

7,900円

【映像・音響機器】

貸出単位

使用料

午前(9時~12時)

1,000円

午後(13時~17時)

1,000円

全日(9時~17時)

2,000円

※入場料などを徴収する場合、営利目的で利用する場合などは割増料金がかかります。
※詳細については、次の資料館ホームページをご覧ください。また、申込み等については資料館(TEL:011-251-0731)までお問い合わせください。
札幌市資料館ホームページ(外部リンク)

 

 

<文化財の活用>
札幌市資料館を貴重な文化財として保存するとともに有効活用を図るためリノベーション事業を進めています。詳しくは次のリンクをご覧ください。

 

札幌市資料館リノベーション事業

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局国際芸術祭担当部国際芸術祭担当課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-211-2314

ファクス番号:011-218-5154