ここから本文です。

更新日:2020年7月31日

札幌市時計台イルミネーション募金箱

札幌市時計台では、募金するとイルミネーションが点灯する時計台ミニチュア模型の募金箱を公開します。

公開日時・場所

  • 日時:令和2年(2020年)8月1日(土曜日)以降 開館時間 8時45分~17時10分(最終入場17時00分)
  • 場所:札幌市時計台2階展示室(札幌市中央区北1条西2丁目)

展示室入場には観覧料が必要です。
ただし、2020年8月1日から8月31日まで「さぁ!まわろうSAPPORO~見どころ施設無料化月間~」として観覧料無料となります。光の演出は全部で4パターンありますので、ぜひ実際に時計台の通常展示とともにお楽しみください。

模型とイルミネーションのしくみ

この募金箱は、北翔大学教育文化学部芸術学科小室晴陽研究室の協力により制作しました。
模型は実際の建物の50分の1の大きさで、明治22年(1889年)頃の様子を再現しています。
台座の投入口にコインや紙幣を入れると、イルミネーションが輝きます。学生の皆さんがプログラミングした明かりのパターンを、手のひらに乗る小型コンピュータArduinoを使用して制御しています。

寄附金の活用方法

札幌市文化芸術振興基金へ積み立て、時計台の展示物の修繕・更新に活用します。

創造都市さっぽろの取組

札幌市は、文化芸術に代表される創造性を活用し産業振興・まちづくりを進め、人材育成・集積を図ることで、まちを活性化し都市ブランド向上にもつなげる「創造都市さっぽろ」の取組を進め、新しいテクノロジーを活用する「メディアアーツ都市」としてユネスコからも認定を受けています。この募金箱は、地域の創造性を活用して文化財の新たな魅力を発信する取組の一環として制作しました。

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157