ホーム > 観光・産業・ビジネス > さっぽろの農業 > 市民農園の利用に関する概要

ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

市民農園の利用に関する概要

市民農園の利用期間

●利用期間は、利用契約で定められ、一般的には5月上旬から10月末までですが、気象条件により開園が遅れる場合があります。(1年更新)

●利用時間は、日の出から日没までです。

市民農園の利用区画

●農園は、開設者が春起しを行い整地した状態でお貸しします。

●区画は、一般的に50~100平方メートルに区画割りをして提供します。

●利用料金は、50平方メートルの区画の場合、一般的に年間10,000~12,000円程度です。

●農園は、前年に利用した区画を次年度以降も優先的に利用することができます。

●栽培作物は、利用期間内に収穫できるものに限ります。

施設の利

●農園で使用する農具・定植用資材・種苗などは、各自で用意していただきますが、園内の農具庫に保管することができます。
(貸し農具はありません)

●自家用車で来られる方のために利用者専用の駐車場を設置しています。

●園内には、トイレ・休憩スペース・給水設備などを設置しています。

●利用期間中、開設者が定期的に巡回を行っていますので、栽培に関することその他相談、苦情、質問等に対応いたします。

●利用終了時には、利用した区画、及び共用部分に置いていた荷物等の後片付けをしてください。

禁止事項

●営利を目的として作物を栽培すること。

●第三者に転貸すること。

●永年性作物を栽培すること。

●共同施設を占有使用すること。などです。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局農政部農政課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-2406

ファクス番号:011-218-5132