ここから本文です。

更新日:2018年10月10日

イベント情報

まちなかマルシェ開催情報(終了しました。)

まちなかマルシェの様子全体(PDF:214KB)

農園ブース(PDF:505KB)

札幌市ブース(PDF:339KB)

さっぽろ産の農産物を販売する、まちなかマルシェの開催予定が決まりました。

お近くにお越しの際には是非お寄りください。

まちなかマルシェ「円山公園マルシェ」(PDF:159KB)

まちなかマルシェ「エキヒロマルシェ」(PDF:197KB)

1「円山公園マルシェ」:

4.平成30年10月6日(土曜日)最終回:午前9時から12時まで、。(終了しました。)

10月6日:まちなかマルシェ「円山公園マルシェ」最終回(PDF:156KB)

場所:円山公園自由広場(円山公園管理事務所から北海道神宮に向かう園路の右側です。)

出店について:札幌市内の農家3軒がトマト、ナス、ズッキーニ、レタス、ジャガイモ、タマネギ等多彩な野菜を販売します。

1.平成30年8月11日(土曜日)午前10時から午後3時まで。(終了しました。)

「円山公園こども夏まつり」と同時開催

まちなかマルシェ「円山公園マルシェ」8.11(PDF:199KB)

円山公園こども夏まつり(PDF:224KB)

2.平成30年9月1日(土曜日)午前9時から12時まで、小雨決行、悪天候中止です。(終了しました。)

3.平成30年9月29日(土曜日)午前9時から12時まで、小雨決行、悪天候中止です。(終了しました。)

9月29日:まちなかマルシェ「円山公園マルシェ」(PDF:276KB)

2「エキヒロマルシェ」(終了しました。)

平成30年9月16日(日曜日)、17日(月曜日)午前10時から午後6時まで、小雨決行、悪天候中止です。

(商品がなくなり次第終了です。)

場所:札幌駅南口駅前広場

出店について:札幌市内の農家5軒がトマト、キュウリ、ナス、ゴーヤ、大根、カボチャ、トウモロコシ等多彩な野菜を販売します。

さっぽろまちなかマルシェ等参加者募集(募集は終了いたしました。)

札幌市では、新規就農者の販路開拓、札幌産農産物のPRのため、市中心部でマルシェ等を開催いたします。出店の希望や興味のある札幌市在住の農業者の方、下記まで連絡ください。

平成30年度のマルシェ等について

1..「円山公園マルシェ」:「円山公園こども夏まつり」と同時開催

1開催期間:(1)平成30年8月11日(土曜日)10時00分~15時00分

(2)平成30年9月上旬~10月上旬の期間に2回程度(出店希望が少ない場合は、中止することがあります。)

2主催:札幌市、(公財)札幌市公園緑化協会

3場所:円山公園自由広場、円山公園管理事務所前広場

4内容:さっぽろの農産物の販売・PR

5出展にかかる経費:管理事務所前の飲食の提供のみ売上げの10%

2.「エキヒロマルシェ」

1開催期間:平成30年9月16日(日曜日)、17日(月曜日)、10時00分~18時00分

2主催:札幌市、札幌駅前通地区活性化委員会

3場所:札幌駅南口駅前広場

4内容:さっぽろの農産物の販売・PR

5出展にかかる経費:道路使用許可申請手数料、1件2,500円

募集について

1募集期限:平成30年7月13日(金曜日)

2連絡先:札幌市経済観光局農政部農政課

電話:011-211-2406

ファックス:011-218-5132

メールアドレス:nosei@city.sapporo.jp

担当:神谷、荘司

3申込方法、マルシェ詳細については、上記まで、問い合わせください。

申込用紙(PDF:42KB)

申込用紙(ワード:16KB)

申込要領(円山公園)(PDF:210KB)

申込要領(エキヒロ)(PDF:264KB)

 

平成29年度「農業好きルアップ」研修会の受講生募集(終了しました。)

平成29年度時代を担う女性農業者の活躍サポート事業

1研修期間:3ヵ年(平成29~31年度)

2主催:北海道石狩振興局(農務課、石狩農業改良普及センター)

3対象:若手女性農業者もしくは就農5年以下で研修受講を希望する女性農業者

4研修内容:

(1)回数:年間3~4回

(2)時間帯:10時30分~14時30分(昼食12時00分~13時00分)

(3)内容:農業技術講座、農業経営・労務管理(詳細開催要領参照)

第1回農業機械研修(敷地内に潜む危険を知ろう)

平成29年10月24日(火曜日)江別市:ヤンマーアグリジャパン

第2回農業経営研修(経営(数値)を理解しようstep1)

平成29年11月14日(火曜日)江別市:都市と農業の交流センター

第3回農業女性の活動を学ぶ

平成30年1月22日(月曜日)道庁別館5階第会議室

(4)参加費

第1回視察料500円、昼食代700円程度

第2回飲食代1,000円程度

第3回昼食代1,000円程度

開催要領(PDF:88KB)

募集要項、参加申し込み(PDF:114KB)

 

「都市に暮らす女性と農業女子との交流セミナー」開催のお知らせ(終了しました)

1日時と場所
(1)日時平成28年3月26日(土曜日)13時から15時30分まで
(2)場所札幌全日空ホテル(札幌市中央区北3条西1丁目)3階「祥雲の間」

2主催
北海道農政部

3交流会に参加する農業女子
北海道若手女性農業者集団「Links(リンクス)」メンバー

4交流の内容
(1)パネルディスカッション[3階「祥雲の間」(13時00分~14時00分)]
1.タイトル憧れを現実に。未来の農業女子に向けて」
2.テーマ農業女子が語る農業と農村生活」
3.コーディネーター溝口めぐみ氏
4.パネリスト上記4の「Links」のメンバー
(2)交流会[23階「白樺の間」(14時10分~15時30分)]

5対象者
札幌市及び近郊にお住まいの女性で、農業や農村に興味がある女性等

6参加者定員
50名

7参加費
無料

 

パンフレット(PDF:755KB)

申込用紙(PDF:92KB)

 

「都市農業フォーラム」を開催します(終了しました)

1日時

平成28年3月16日(水曜日)午後1時30分~午後4時

2場所

わくわくホリデーホール(札幌市中央区北1条西1丁目)第1+第2会議室

3主催

札幌市経済局農政部農政課

4開催目的

「第2次さっぽろ都市農業ビジョン」策定に向けて、札幌の農業の将来像を考えます。

5開催内容

都市農業に関する基調講演後、札幌の農業の現況と課題を基にパネルディスカッションを行い、札幌農業のこれからを考えます。

(1)講演

基調講演都市農業の魅力

農的社会デザイン研究所代表蔦谷栄一(つたやえいいち)氏

さっぽろ農業の現状と課題、将来像

札幌市

(2)パネルディスカッション

ファシリテーター北海道大学名誉教授飯澤理一郎(いいざわりいちろう)氏

コメンテーター農的社会デザイン研究所代表蔦谷栄一(つたやえいいち)氏

(3)アンケート

当日アンケート回答者に札幌産たまねぎ「さつおう」をプレゼント

6参加者定員

100名

7参加料

無料

8申込期間

平成28年2月16日(火曜日)~3月11日(金曜日)(先着)

9申込方法

札幌市コールセンターへ下記の方法でお申込みください。

(札幌市コールセンター開設時間)年中無休午前8時~午後9時

電話011-222-4894(ツーじるしやくしょ)

FAX011-221-4894

WEBhttp://www.city.sapporo.jp/callcenter/uketsuke/index.html

上記URLからインターネットでの申込が可能です。

10申込時の必要事項

行事名、住所(郵便番号も)、氏名(ふりがなも)、年齢、電話番号(FAXの方はファックス番号)

都市農業フォーラムチラシ(PDF:1,674KB)

「さっぽろ圏大地の恵みフェア~さとらんど収穫祭~」を開催します。(終了しました)

期間:平成26年9月6日(土曜日)~7日(日曜日)
場所:サッポロさとらんどさとらんど交流館(札幌市東区丘珠町519番地1)
時間:10時00分~15時00分
主催:札幌市経済局農政部農政課・さとみらいプロジェクトグループ
協力:さっぽろ圏地産地消推進委員会


<開催内容>

  • 石狩管内各JAの農畜産物のPR販売
  • 焼きフランク・ゆでとうきびのPR販売
  • 地元の食材を使った飲食コーナー
  • 野菜ソムリエによる野菜の食べ比べ講座
  • ぐんぐん(サッポロさとらんどキャラクター)握手会・撮影会
  • ファーマーズマーケット
  • さっぽろ圏地産地消パネルコーナー
  • スタンプラリー
  • YOSAKOIソーラン
  • 手品・バルーンパフォーマンスショー

収穫祭チラシ(PDF:482KB)

平成26年度さっぽろ都市型グリーン・ツーリズム事業市民バスツアー(終了しました)

南区の果樹園での収穫体験、農場や直売所見学などを通して、市民が都市型のグリーン・ツーリズムを体験し、幅広く農業への理解を深めることを目的としております。

1日時
平成26年8月27日(水曜日)9時00分~16時00分

2募集人数
20名程度(札幌市内にお住まいの方)

3集合・解散
札幌市役所本庁舎(札幌市中央区北1条西2丁目)
※昼食代としてお一人様1,500円をご負担頂きます。

4主催
札幌市経済局農政部農政課

5内容
(1)果樹農園見学
南区豊滝の果樹農園を見学します。
(2)昼食
南区豊滝の農畜産物を使った昼食を食べます。
(ドイツ風の煮込み料理をカレーライス風にアレンジする予定です。)
(3)農場見学
南区砥山と南区藤野の農場を見学します。
(4)その他
コーディネーターは野菜&オリーブオイルソムリエ土上明子(つちがみあきこ)さんです。

6服装
行程の合間に舗装のない道で、2回散策を予定しておりますので、軽く運動する格好でお越しください。
(スニーカー、帽子、タオル、日焼け止め、虫よけスプレーなど)

7申込方法
札幌市コールセンターに、8月17日(日曜日)までに電話でお申し込みください。
電話011-222-4894
※複数名でお申し込みの場合は2名までです。
※申込者多数の場合は、抽選となります。その場合の当落の結果は、後日お電話または郵送で通知します。

「三國清三シェフによる子ども食農セミナー」を開催します。(終了しました)

地産地消の大切さを知ることや、食と農を通じて子どもたちの豊かな味覚や創造性を育むことを目的として、「三國清三シェフによる子ども食農セミナー」を開催します。なお、この事業は、「札幌国際芸術祭2014創造都市さっぽろ推進プログラム事業」となっております。

1セミナー名称
「札幌国際芸術祭2014創造都市さっぽろ推進プログラム事業」
三國清三シェフによる子ども食農セミナー

2日時
平成26年7月13日(日曜日)午前11時~午後1時30分

3場所
サッポロさとらんどセンター2階(札幌市東区丘珠町584番地2)

4主催
札幌市(経済局農政部農政課)・さとみらいプロジェクトグループ(サッポロさとらんど指定管理者)

5開催内容
三國清三シェフによる講演と三國清三シェフ監修によるランチ

6参加対象者
小学生(小学3年生から6年生)とその保護者、計80名程度

7参加料
一人当たり保護者1,000円、子ども500円

8応募方法
往復はがきにより、6月11日(水曜日)~25日(水曜日)消印有効までの期間にサッポロさとらんどへ申し込む。
抽選の上7月7日頃までに、申込者全員にはがきを返信します。

9参加者募集についての問合せ先
サッポロさとらんど(Tel011-787-0223)まで


三國清三シェフによる子ども食農セミナー(PDF:360KB)

「農ある暮らしフォーラム」を開催します。(終了しました)

札幌市内でできる農体験を紹介し、農業への理解を深めるために「農ある暮らしフォーラム」を開催します。


1日時
平成26年2月22日(土曜日)午前11時~午後4時

2場所
札幌駅前通地下歩行空間北2条広場

3主催
札幌市(経済局農政部農政課)

4開催内容
フォーラムや農体験紹介コーナー等

(フォーラム)
午前11時~12時
農ある暮らしフォーラム
基調講演「札幌で農ある暮らしを楽しもう」
札幌市立大学教授吉田惠介氏

(農体験紹介コーナー)
午前11時~午後4時
札幌市内で農体験を行う団体等による活動紹介

農ある暮らしフォーラムチラシ表(PDF:776KB)

農ある暮らしフォーラムチラシ裏(PDF:768KB)

「南区果樹園まつり」を開催します。(終了しました)

果物等の販売を通して、札幌の多様な農業について市民等に理解を深めてもらうと同時に、都市型のグリーン・ツーリズムを活性化させることを目的として「南区果樹園まつり」を開催します。

1日時
平成25年9月30日(月曜日)10時00分~18時00分
※売り切れ次第、終了します

2場所
札幌駅前通地下歩行空間L-a、L-b、L-c
※1番出口付近

3主催
札幌市経済局農政部農政課

4協力
学校法人八紘学園

5出展者

  • 砥山ふれあい果樹園
  • 西本果樹園
  • 桜井農園
  • 学校法人八紘学園

ページの先頭へ戻る

「さっぽろ圏大地の恵みフェア~さっぽろハーベストランド収穫祭~」を開催します。(終了しました)

期間:平成25年9月7日(土曜日)~8日(日曜日)
場所:サッポロさとらんどさとらんど交流館(札幌市東区丘珠町519番地1)
時間:10時00分~15時00分
主催:さっぽろ圏地産地消推進委員会さとみらいプロジェクトグループ
<開催内容>

  • 石狩管内各JAの農畜産物のPR販売
  • 焼きフランク・ゆでとうきびのPR販売
  • 地元の食材を使った飲食コーナー
  • 野菜ソムリエによる野菜の食べ比べ講座
  • 縁日コーナー
  • ぐんぐん(サッポロさとらんどキャラクター)握手会・撮影会
  • SLバス無料運行
  • ファーマーズマーケット(さとらんどセンター)
  • 地産地消パネル展
  • スタンプラリー
  • YOSAKOIソーラン
  • 手品・大道芸人ショー

収穫祭チラシ(PDF:762KB)

ページの先頭へ戻る

”食の現場を見に行こう!産地見学バスツアー”(平成25年度さっぽろ都市型グリーン・ツーリズム事業&さっぽろ食の安全・安心市民交流事業)のお知らせ(参加者募集)(終了しました)

1事業名
”食の現場を見に行こう!産地見学バスツアー”
平成25年度さっぽろ都市型グリーン・ツーリズム事業&さっぽろ食の安全・安心市民交流事業

2主催
札幌市経済局農政部農政課
札幌市保健福祉局保健所食の安全推進課

3日時
平成25年9月2日(月曜日)9時00分~16時00分

4募集人数
30名札幌市内にお住まいの方

5集合・解散
札幌市役所本庁舎(札幌市中央区北1条西2丁目)
※昼食代としてお一人様1,000円をご負担頂きます。

6内容
(1)農場見学
北区の農場を見学します。
(2)昼食
石狩管内の農畜産物を使った弁当を食べます。
(3)サッポロさとらんど見学
サッポロさとらんどを見学し、収穫体験を行います。
(4)その他
コーディネーターはシニア野菜ソムリエ萬谷利久子(ばんやりくこ)さんです。

7申込方法
札幌市コールセンターに、8月18日(日曜日)までに電話・FAX・Eメールでお申し込みください。
電話011-222-4894
FAX011-221-4894(FAXでの申込用紙は募集チラシ裏面)
Eメールinfo4894@city.sapporo.jp(氏名、ふりがな、郵便番号、住所、年齢、電話番号を記入)
※複数名でお申し込みの場合は2名までです。

 

ページの先頭へ戻る

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局農政部農政課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-2406

ファクス番号:011-218-5132