ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 環境保全 > 国連「持続可能な開発目標(SDGs)」の推進

ここから本文です。

更新日:2018年7月3日

国連「持続可能な開発目標(SDGs)」の推進

「持続可能な開発目標(SDGs)」とは

「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals、SDGs[エス・ディー・ジーズ])」は、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された、2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール(目標)と169のターゲット(取組・手段)から構成され、地球上の誰一人として取り残さない(no one will be left behind)ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国も含めた全ての主体が取り組む普遍的なものであり、日本においても積極的に取り組んでいます。

SDGsロゴマーク

第2次札幌市環境基本計画におけるSDGsの位置づけ

2018年3月に策定した「第2次札幌市環境基本計画(計画期間:2018年度から2030年度まで)」では、環境施策の推進をSDGsの達成にもつなげていくことを位置付けており、様々な主体とともに取組を進めることとしています。

「第2次札幌市環境基本計画」については「第2次札幌市環境基本計画のページ」のホームページをご覧ください。

「SDGs未来都市」

SDGs未来都市とは、自治体によるSDGsの達成に向けた取組を公募し、優れた取組を提案する都市を「SDGs未来都市」として全国から選定するもので、内閣府が2018年から開始した制度です。

2018年6月15日、その初めての選定が行われ、札幌市が「SDGs未来都市」として選定されました。

SDGs未来都市選定証授与式 SDGs未来都市選定証授与式の集合写真

「SDGs未来都市」として29都市、その中で先導的な取組については国の資金的支援がある「自治体SDGsモデル事業」として10事業が選定されました。

【選定都市】
北海道、北海道札幌市、北海道ニセコ町、北海道下川町、宮城県東松島市、秋田県仙北市、山形県飯豊町、茨城県つくば市、神奈川県、神奈川県横浜市、神奈川県鎌倉市、富山県富山市、石川県珠洲市、石川県白山市、長野県、静岡県静岡市、静岡県浜松市、愛知県豊田市、三重県志摩市、大阪府堺市、奈良県十津川村、岡山県岡山市、岡山県真庭市、広島県、山口県宇部市、徳島県上勝町、福岡県北九州市、長崎県壱岐市、熊本県小国町

(※は「自治体SDGsモデル事業」選定都市。)

【参考】内閣府地方創生推進事務局「環境モデル都市・環境未来都市・SDGs未来都市」

 Think Future SDGs Project in 環境広場さっぽろ2018(2018年6月23日、24日開催)

「環境広場さっぽろ」は、平成10年に開始した「エコアクションさっぽろ」を発展させる形で平成14年より開催されており、近年はおよそ3万人の来場者を集める東北以北最大級の総合環境イベントです。

本イベント内で、様々な企業や行政、学生などがSDGsをテーマに持続可能な社会の形成に向けた取組を発信するミニステージ、「Think Future SDGs Project」を開催します。

 

【実施日時】2018年6月23日(土曜日)、24日(日曜日)10時50分から16時30分まで(両日)

【プログラム、登壇者】下記リンクからダウンロードできます。

当日プログラム(PDF:211KB)

登壇者プロフィール(PDF:3,075KB)

環境広場さっぽろバナー

開催結果

2018年6月23日、24日に開催された「環境広場さっぽろ2018」にて、SDGsをテーマに持続可能な社会の形成に向けた取組を発信するミニステージ「Think Future SDGs Project」を展開しました。

本イベントでは、札幌市や企業等による取組紹介だけでなく、中高生や会場の方々を交えたトークセッションも行い、SDGs達成に向けての意見交換等も行いました。

また、6月24日の会場内メインステージでは、環境省環境パートナーシップオフィス北海道(EPO北海道)の大崎美佳氏の進行により、札幌市と同様、6月15日に「SDGs未来都市」に選定された北海道、ニセコ町、下川町の担当者とともに、各自治体におけるSDGs推進に向けた取組を紹介しました。

環境広場さっぽろ2018の様子01

環境広場さっぽろ2018の様子02 環境広場さっぽろ2018の様子03

 SDGsウォーク2018 in みんわらウィーク NEW!!

国連「持続可能な開発目標(SDGs)」を楽しみながら触れていただくため、吉本興業の芸人さんやスポーツアスリートたちとウォーキングを行いながらSDGsについて学べるイベントを開催します。

奮ってご参加ください!

■名称:SDGsウォーク2018 in みんわらウィーク

■開催日:2018年8月4日(土曜日)8時00分受付開始、9時30分スタート

※雨天決行(荒天の場合は、主催者の判断により中止。中止の場合は開催当日6時00分までにSDGsウォーク2018ホームページにて記載)

■コース:

【2kmコース】中島公園内

【10kmコース(想定)】中島公園⇒北海道大学構内⇒北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)前⇒中島公園

※コースの詳細は確定次第、SDGsウォーク2018ホームページにて発表します。

■参加費:
大人:1000円
小学生:500円(中学生以下保護者同伴)
未就学児は無料

■SDGsウォーク2018ホームページ(詳細はこちらをご覧ください):

http://walk.min-wara.com/

■主催:吉本興業、NPO法人札幌歩こう会

■共催:北海道、札幌市

■後援:国連広報センター、北海道新聞、北海道大学、JICA札幌、(一財)さっぽろ健康スポーツ財団

 

 


 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境計画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2877

ファクス番号:011-218-5108