ここから本文です。

更新日:2016年1月26日

交通事故などにあったとき

交通事故など、第三者の加害行為によって傷害を受けた場合、国保で治療を受けることができますが必ず届出が必要です。お住まいの区の区役所保険年金課に届出をしてください。

リーフレット『交通事故など、第三者の行為によりケガをしたとき、病気になったとき』をダウンロードすることができます。

届け出に必要なもの

  • 届出者本人と確認できるもの(運転免許証、パスポート、個人番号カード、障害者手帳、在留カードなど)
  • 対象者の個人番号がわかるもの(個人番号カード、番号通知カード)
  • 保険証
  • 高齢受給者証(70歳以上の方)
  • 第三者の行為による傷病届
  • 事故証明書
  • 同意書
  • 印鑑

申請書ダウンロードのページはこちらから

※示談は、あなたと国保に重大な不利益を招くことがありますので、示談の前に必ずお住まいの区の区役所保険年金課にご相談ください。

《一口メモ》

医療費は加害者負担が原則です

交通事故に限らず、第三者から傷害を受けた場合、医療費は加害者が負担するのが原則です。したがって、国保で治療を受けたときの医療費は後日、国保が被害者に代わって加害者に請求することになります。

リンク:このページの先頭へ

リンク:届け出(申請)やお問い合わせは<区役所保険年金課給付係(厚別区・清田区・手稲区は保険係)>