ここから本文です。

更新日:2012年5月26日

3.防災協働社会を目指して

市民、地域、行政、企業の人が手を合わせているイラスト

過去の災害教訓から、大規模な災害が発生した直後は、消防・警察・自衛隊などの行政による救助活動だけでは対応しきれず、市民や企業における「自助」「共助」の取組がきわめて重要です。
そのため、市民、企業、自主防災組織やNPOなど地域の団体、行政が、それぞれ災害対策に取り組むことが必要です。
さらに、これらの団体が連携して、「防災協働社会」を構築し、被害の軽減につなげることが大切です。

 


はじめに|1.札幌でも大地震が起こる・・・|2.企業で想定される大きな被害|3.防災協働社会を目指して|4.企業の安全を守る|5.地域の安全に貢献する|6.企業活動を継続する|7.企業全体で高める防災力|8.お役立ち参考資料

このページについてのお問い合わせ

札幌市危機管理対策室危機管理対策部危機管理対策課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-3062

ファクス番号:011-218-5115