ここから本文です。

更新日:2012年5月26日

3.(2)防災協働社会における3つの役割

防災協働社会における企業の役割として、従業員や利用客などの安全を確保し「企業の安全を守る」こと、経営資源を地域の安全や防災・減災の取組に生かし「地域の安全に貢献する」こと、社会生活や地域経済への影響を最小限に抑え「企業活動を継続する」ことの、3つの役割を果たすことが求められます。

企業の安全を守る

社屋や工場が安全で、安心している従業員たちのイラスト

災害による被害を最小限にとどめる(減災)ためには、事前の対策が不可欠です。
安全確保や被害の拡大防止を行うためにどんな「対応」が必要かを従業員に周知し、迅速に対応を行うための「体制」づくりを行う必要があります。

地域の安全に貢献する

地域の人と企業の人が地域の安全のために握手するイラスト

企業ならではの特徴を生かして、経営資源である「組織力」「資材力」「技術力」を有効に活用し、地域の応急活動や復旧活動に協力し、地震発生時の地域の安全に貢献しましょう。

企業活動を継続する

地震で壊れた店を再開したイラスト

災害の影響が長期化し企業活動が停滞すると、流通や小売の停滞、雇用不安などの問題から、日常生活や経済への影響が大きくなることが懸念されます。
社会への影響を最小限にできるよう、早期の事業の復旧・継続ができる体制を整えることが必要です。


はじめに|1.札幌でも大地震が起こる・・・|2.企業で想定される大きな被害|3.防災協働社会を目指して|4.企業の安全を守る|5.地域の安全に貢献する|6.企業活動を継続する|7.企業全体で高める防災力|8.お役立ち参考資料

このページについてのお問い合わせ

札幌市危機管理対策室危機管理対策部危機管理対策課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-3062

ファクス番号:011-218-5115