ここから本文です。

更新日:2018年10月3日

映画「Kita Kita」(フィリピン)

KitaKitaポスタービジュアル

フィリピンの新鋭女性監督シグリッド・ベルナードによる映画「Kita Kita」(読み方:キタキタ。「キタ」には「私たち」「見る」の2つの意味がある。)。

夏の北海道を舞台にフィリピン人の男女の恋愛を描いたラブコメディ。札幌を中心に、小樽・富良野・美瑛などで撮影が行われました。

平成29年7月19日(水曜日)にフィリピンで公開されると、興行収入650万ドル(約7億1500万円、フィリピン現地メディア等による)を記録し、フィリピンの自主映画歴代興行記録1位となりました。

映画「Kita Kita」のロケ地マップを制作しました。

作品紹介

作品名 Kita Kita
あらすじ 札幌でツアーガイドをするレアは、トラウマから一時的に視力を失い、失明する不安を抱えていた。そんな彼女に、家の前に偶然住んでいた同胞のフィリピン人のトニョが親しくなろうと近づいてくる。トニョのユーモアから次第にレアの心はほぐれていくが…。
公開日

フィリピン:平成29年7月19日(水曜日)

ロケ地

(札幌市内)

大通公園、テレビ塔、時計台、藻岩山、モエレ沼公園、札幌伏見稲荷神社、円山公園など

(札幌市外)

小樽、美瑛、東川など

ロケ期間 平成28年8月24日(水曜日)~9月6日(火曜日)
出演者 アレサンドラ・デ・ロッシ、エンポイ・マルケス

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局国際経済戦略室IT・クリエイティブ産業担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2379

ファクス番号:011-218-5130