ホーム > 観光・産業・ビジネス > 経済・産業 > 映像産業の振興 > フィルムコミッション事業 > 映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

ここから本文です。

更新日:2018年10月4日

映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」

バナナポスタービジュアル

(C)2018映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」製作委員会

 

渡辺一史氏の著書「こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち」の実写映画化が決定しました。

札幌市内を中心としたオール北海道ロケ作品として、札幌フィルムコミッションの全面協力の下、2018年6~7月に撮影を行いました。2018年12月28日に公開を予定しています。

ボランティアエキストラを募集します。(募集を終了しました)

作品の制作にあたり、ボランティアエキストラを募集します。是非ご参加ください。

映画と連携したラッピング電車を運行します。

シティプロモーションの一環として、平成30年10月5日(金曜日)から平成31年2月中旬(予定)まで、映画と連携したラッピング電車を運行します。

作品紹介

作品名 こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話
あらすじ

北海道の医学生・田中(三浦春馬)はボランティアとして、体が不自由な鹿野(大泉洋)と知り合う。病院を飛び出し、自ら集めた大勢のボランティアや両親に支えられて風変わりな自立生活を送る鹿野。夜中に突然「バナナが食べたい!」と言い出すなど、いつも王様のような超ワガママぶりだが、自分自身に素直に生きる鹿野は、どこか憎めない愛される存在だった。ある日、鹿野は新人ボランティアの美咲(高畑充希)に惚れ、彼女へのラブレターの代筆を田中に依頼するが、実は美咲は田中と付き合っていて…。奇妙な三角関係は、鹿野の主治医やベテランボランティアたちを巻き込んで大変な騒動に!しかし鹿野の病状は徐々に悪化、体はますます自由が利かなくなっていく。そんな鹿野には、生きているうちにどうしても叶えたい夢があった・・・。

公開日 2018年12月28日
ロケ地 札幌市内を中心とした北海道内
市内でのロケ期間 2018年6月
出演者 大泉洋、高畑充希、三浦春馬、萩原聖人、渡辺真起子、宇野祥平、韓英恵、竜雷太、綾戸智恵、佐藤浩市、原田美枝子
公式ホームページ

http://bananakayo.jp/

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市経済観光局国際経済戦略室IT・クリエイティブ産業担当課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎15階

電話番号:011-211-2379

ファクス番号:011-218-5130