ここから本文です。

更新日:2015年7月21日

光化学オキシダントについて

光化学オキシダントとは

工場の煙や自動車の排出ガスに含まれる窒素酸化物(NOx)や揮発性有機化合物(VOC)などが紫外線によって光化学反応を起こして、大気汚染物質の1つである「光化学オキシダント」が生成されます。光化学オキシダントは主にオゾンなどの強い酸化性物質であり、人体に有害です。

オキシダント発生過程

どんなときに濃度が高くなるの?

一般的には日差しが強い、気温が高い、風が弱い10時頃~17時頃などの場合で高くなりやすいと言われています。札幌市は例年4月から5月に高濃度となる日が多くなります。この要因の1つとして、国外からの越境汚染の影響があると言われています。

身体にはどんな影響があるの?

 

高濃度になると、目やのど、鼻に刺激や痛みを感じることがあります。光化学オキシダントによる症状は一般的に軽度で一時的なものであるといわれています。しかし様子を見ても改善されない場合は医師の診断を受けてください。重症化してしまうと手足のしびれや意識障害、嘔吐などの症状がでてきます。

からだにはどんな影響があるの?

 光化学オキシダント注意報等について

光化学オキシダントの環境基準

項目

評価

光化学オキシダント 光化学オキシダント濃度の1時間値が0.06ppm以下であること。

※環境基準~環境基本法で人の健康を保護し、生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準とされている。

※最新の光化学オキシダントの濃度は、札幌市大気環境観測データ速報システム環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)にて確認することができます。

注意報

光化学オキシダントが一定濃度以上となると、気象条件などからみて、その状態が継続すると判断された場合、北海道知事が注意報等を発令します。なお、注意報等の発令の基準は下記のとおりとなっています。

オキシダント注意報の発令基準

発令区分

発令基準

注意報 光化学オキシダント濃度の1時間値が0.12ppm以上であり、気象条件からみて、その状態が継続されると認められるとき
警報 光化学オキシダント濃度の1時間値が0.24ppm以上であり、気象条件からみて、その状態が継続されると認められるとき
緊急重大警報 光化学オキシダント濃度の1時間値が0.40ppm以上であり、気象条件からみて、その状態が継続されると認められるとき

 

札幌市の状況は?これまで注意報は発令されたことはあるの?

札幌市では、これまで一度も注意報が発令されたことはありません。しかし、札幌市では近年濃度の上昇がみられており、全国的にも発令区域が広域化していることから注意が必要です。

なお、全国的な光化学オキシダントによる大気汚染の状況等については、下記のサイトをご覧ください。

環境省「光化学大気汚染の概要」のページ

注意報が発令されたらどうしたらいいの?

 

  1. 目やのど、鼻に刺激や痛みを感じた場合には屋外での運動を中止し、屋内に避難してください。
  2. 屋内に避難したときには、風向を考慮し、戸外に面した窓を閉めてください。
  3. 自動車やバイクなどはできるだけ使わないようにしましょう。

 

注意報発令されたら

注意報が発令されないように私たちに何ができますか?

光化学オキシダント濃度上昇の原因として、国外からの越境汚染の他に自動車の排出ガスが原因の1つとして考えられます。そのため、下記の事項について日頃からのご協力をお願い致します。

  1. アイドリングストップなどのエコドライブに努めましょう
  2. できるだけ公共交通機関を利用しましょう

また、自動車の購入の際には、より低公害な車のご検討をお願い致します。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境対策課

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2882  内線:2882

ファクス番号:011-218-5108