ここから本文です。

更新日:2019年4月3日

酸性雨の状況

酸性雨の試験結果等についての情報を掲載しています。

酸性雨とは

酸性雨(雪)とは、強い酸性を示す降雨(雪)や、同じく強い酸性を示す乾いた粒子状物質が降下する現象をいいます。通常、雨に大気中の二酸化炭素が飽和状態で溶け込んだとしてもpHは5.6としかならないため、一般的にはpHが5.6以下の雨を酸性雨と呼んでいます。

酸性雨の原因及び影響は?

酸性雨の原因は、石炭や石油などの化石燃料の燃焼に伴って大気中に排出される硫黄酸化物や窒素酸化物などであり、国内での排出はもとより国外で排出されたものも国境を越えて影響を及ぼすと言われているため、局地的な問題にとどまらず国際的な環境問題になっています。

酸性雨による影響としては、森林や農産物の枯死、湖沼の酸性化、大理石や金属などで造られている建造物や彫刻等の腐食、健康被害等があげられます。ヨーロッパでは酸性雨による森林破壊が数多く報告されており、中には札幌と類似した植生の森林破壊の例もあります。

札幌市の取り組み

札幌市では、昭和62年(1987年)度から酸性雨調査を開始し、現在は市内1地点(市衛研)の測定地点で1月ごとに検体を回収し、pHほか各種イオン成分等を分析しています。

経年変化グラフ

経年変化グラフ(PDF:20KB)

ここ10年間の測定結果は下表のとおりで、年平均pH4.6から5.2を記録しています。この結果は日本の各地域での観測結果と同じ程度となっています。

測定局\測定年 平成20年 平成21年 平成22年 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年

芸術の森

4.6

4.8

-

-

-

-

-

-

-

-

-

市衛研

4.7

4.9

5.1

4.8

4.8

5.0

4.9

5.2

4.9

4.9

5.1

各年度測定結果グラフ

 

平成30年度測定結果

平成29年度測定結果

平成28年度測定結果

平成27年度測定結果

平成26年度測定結果

平成25年度測定結果

平成24年度測定結果

平成23年度測定結果

平成22年度測定結果

平成21年度測定結果

平成20年度測定結果

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部環境対策課

〒060-8611札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2882

ファクス番号:011-218-5108