ホーム > くらし・手続き > 環境・みどり > 環境保全 > 新エネルギー・省エネルギー > 札幌市次世代エネルギーパーク(円山動物園)

ここから本文です。

更新日:2016年3月3日

札幌市次世代エネルギーパーク(円山動物園)

次世代エネルギーパークとは、「太陽光や風力発電などの新エネルギーを積極的に導入し、市民が新エネルギーを見て触れて理解できる施設」であり、経済産業省資源エネルギー庁が認定する施設です。
札幌市は円山動物園を次世代エネルギーパークと位置づけ、平成20年6月に資源エネルギー庁から認定を受けた後、札幌市次世代エネルギーパークの整備を進めてきました。地球上にある「いのち」と「エネルギー」のかかわりをテーマに、動物たちとのふれあいを楽しみながら、地球の環境問題と、札幌市が取り組む次世代エネルギーを身近に体験することができます。(地球の命とエネルギーにふれる次世代エネルギーパーク円山エコZoo[動物園])

札幌市次世代エネルギーパークの基本的な考え方

  • 動物の命とエネルギーを主題とした幅広い環境教育の展開
  • 北方型エネルギー課題を焦点とした新エネルギー技術の導入
  • 市民の方々を主対象とした展示・普及啓発の展開
  • 分かり易い展示や解説の実施

札幌市次世代エネルギーパークの全体像

札幌市次世代エネルギーパークの全体像

施設紹介

 太陽光発電

エネルギーパークの太陽光発電は、5kW程度を中心に動物園内5か所の建物の屋上に設置しており、各建物の年間消費電力量の15~30%を賄っています。

 

物科学館(5kW)

動物科学館(ビジターセンター)

 

(平成16年度設置)

は虫類・両生類館(7.2kW)

は虫類・両生類館

(平成22年度設置)

エゾシカ・オオカミ舎(5kW)
エゾシカ・オオカミ舎
(平成22年度設置)

アジアゾーン寒帯館(10kW)

アジアゾーン寒帯館(太陽光)

(平成24年度設置)

キリン館(5kW)

キリン館(太陽光)

(平成26年度設置)

 

 風力発電(ハイブリットタイプ風力発電+太陽光発電)

太陽光パネルと風力発電を組み合わせたものです。発電した電気は、蓄電池に蓄えられて、夜間の足元灯(LED)に利用しています。

展望レストハウス
展望レストハウス
太陽光パネル(200W)+サボニウス風車

 

 太陽熱利用

家庭向けの太陽熱利用設備です。太陽熱温水器は、動物に触れた後の手洗い用に温水を供給しています。また、太陽熱温風暖房は、2枚のガラス間の金属パネルが、太陽熱で加熱され、発生した温風は、授乳室で使われています。

こども動物園
こども動物園(太陽熱温水器)

太陽熱温水器

第1レストハウス太陽熱温風暖房器

太陽熱温風暖房器

 バイオマス熱利用

木質ペレット燃料を利用した暖房設備です。木質ペレット燃料は、主に森林の間伐材で作られ、燃焼時に発生するCO2は、木が成長するときに大気から取り込んだCO2であり、大気中の増加に寄与しないことから、カーボンニュートラルと呼ばれます。園内には、動物科学館、は虫類・両生類館、熱帯雨林館のほか、平成26年度には、カバ・ライオン舎にも設置されています。

動物科学館(ビジターセンター)
動物科学館ペレットボイラー
写真(左):ペレットボイラー(291kW)

写真(右):ペレットサイロ

は虫類・両生類館
は虫類・両生類館ペレットボイラー
写真(左):ペレットボイラー(80kW)

写真(右):ペレットサイロ

 雪冷熱システム

断熱材で覆った貯雪槽に積み上げた雪を使って、ヒマラヤ地方に生息し暑さに弱いレッサーパンダが飼育されている高山館の6~8月上旬の冷房として使用しています。館内には、冷風の吹出し口が設置されており、運転期間中は、雪冷風を体験することができます。

 

雪堆積場の様子

雪堆積場

雪冷熱システムの概要

 

雪冷熱システムの概要図

高山館(雪冷風吹出し口)

【高山館 雪冷風吹き出し口】

夏期には、11~13℃の冷風を体験できます。

 

 体験コーナー

動物科学館の展示・体験コーナーでは、エネルギーパーク施設の紹介のほか、地球温暖化の説明に加え、再生可能エネルギーを体感できる太陽光ゲームや風力ゲームを設置しています。
また、木質ペレット燃料を中心とした、木質バイオマスコーナーでは、直接触れ実感できる展示やペレットボイラーの仕組みなどを知ることができます。

新エネルギーの紹介

新エネルギーの紹介パネル

太陽光ゲーム

太陽光ゲーム

風力ゲーム

風力ゲーム

木質バイオ展示

木質バイオ展示

ペレットボイラー説明

ペレットボイラー説明

木質飼料

木質飼料

 

 

触れる地球
触れる地球(触れる地球の詳細

「触(さわ)れる地球」について

地球を千万分の1(約1.3m)の大きさにした「触れる地球」は、宇宙から見た地球の様子や地球上で起こる様々な営みを投影しており、地球儀のように触って画面を動かすことができます。

 

パンフレット

札幌次世代エネルギーパークパンフレット(表)(PDF:1,828KB)

札幌次世代エネルギーパークパンフレット(裏)(PDF:3,926KB)

関連リンク

次世代エネルギーパークに出かけよう!(経済産業省資源エネルギー庁)

新エネルギーの紹介

札幌市における新エネルギーの導入状況

円山動物園のページ

イベント等

触れる地球のデモンストレーションを毎週実施しております。
詳しくは下記ホームページをご覧ください。

円山動物園ホームページ「新ドキドキ体験メニュー『生きている地球を体験しよう』を開始します」

 

 次世代エネルギーパーク オープンイベントの開催結果

札幌市次世代エネルギーパークのオープンを記念して、平成23年11月19日(土曜日)に円山動物園動物科学館にてオープンイベントを開催しました。

第1部 オープン式典

第1部では、星置児童会館のみなさんとともにテープカットを行いました。
テープカットの後は、参加して頂いた方々に新設した展示を体験していただきました。


オープン式典1

オープン式典2

オープン式典3

オープン式典4

 

第2部 オープン記念講演「地球目線で未来をデザインする」
(講師 竹村真一 京都造形芸術大学教授)

第2部は、政府の「復興構想会議」検討部会専門委員の竹村真一京都造形芸術大学教授に、世界初のデジタル地球儀「触れる地球」を用いて、エネルギー、地球温暖化、生物多様性などについて講演して頂きました。
触れる地球の直径は、実際の地球の「1,000万分の1」となっており、月や太陽との位置関係、雲やスペースシャトルの高度などを、宇宙からの目線で理解することが出来ます。
講演では、プランクトンを追いかけるクジラのルートや、大気汚染物質の動き、温暖化の進行状況などが触れる地球に映し出され、地球が抱える問題を地球規模で感じることができる、貴重な講演となりました。

講演会チラシ(PDF:608KB)


記念講演1

記念講演2

記念講演3

記念講演4

 

※講師プロフィール

講師

竹村真一 京都造形芸術大学教授

経歴

1959年生まれ。京都造形芸術大学教授。Earth Literacy Program代表。東京大学大学院文化人類学博士課程修了。地球時代の新たな「人間学」を提起しつつ、地球環境問題への独自な取組みを進める。Sensorium(97年アルス・エレクトロ二カでグランプリ受賞)、「触れる地球」(05年グッドデザイン賞・金賞)や「100万人のキャンドルナイト」、ユビキタス携帯ナビ「どこでも博物館」(05年国連情報社会サミット日本最優秀賞)などを企画・制作。東日本大震災後、政府の「復興構想会議」検討部会専門委員に就任。Jwaveのナビゲーターとしても、月曜~金曜夜9時35分~の“Global Sensor”で地球環境への新たな視点を提示している。著書に「地球の目線」(PHP新書)、「Water」、「宇宙樹」「22世紀のグランドデザイン」(慶応大学出版会)、「地球大学講義録」(日経新聞社)など。

竹村真一京都造形芸術大学教授

竹村真一プロジェクトサイト:http://www.elp.or.jp/

「触れる地球」デモサイト:http://www.tangible-earth.com/

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市環境局環境都市推進部エコエネルギー推進課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎12階

電話番号:011-211-2872

ファクス番号:011-218-5108