ここから本文です。

更新日:2018年12月3日

知って欲しい、自殺について

札幌市では、ほぼ毎日1人の方が自殺により亡くなっています。

我が国の自殺死亡者数は、平成10年に急増し3万人を超えて以来、高い水準で推移していましたが、その後平成22年から減少傾向となりました。

札幌市でも平成10年に400人を超え、長らく高止まりが続いておりました。その後、平成24年から減少傾向となりましたが、依然として300人以上の方が亡くなっています。

自殺は、個人の意思や選択の結果から起こる個人的な問題ではなく、経済・生活問題、健康問題、家庭問題などの様々な要因が複雑に絡み合って生じる問題であり、その多くが「追い込まれた末の死」です。そのため、自殺を防ぐためには、様々な分野の施策や、関係機関、関係団体の連携による総合的な対策を推進する必要があります。

また、様々な悩みや生活上の困難を抱える人に対し、周囲の身近な人が早期に気づき、話を聞き、適切な対応をとることができる環境づくりが必要です。

現状

ひとりひとりができること

札幌市の取組み

このページについてのお問い合わせ

 札幌こころのセンター(札幌市精神保健福祉センター)

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19 4階

電話番号:011-622-5190(事務専用) / 011-622-0556(相談専用)

ファクス番号:011-622-5244

このフォームからは、ご相談は受け付けておりません。ご相談については、相談専用電話011-622-0556へお問い合わせいただきますようお願いいたします。