ここから本文です。

更新日:2018年12月3日

ゲートキーパーについて 

ゲートキーパーとは

ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話をきいて、必要な支援につなげ、見守る人のことです。ゲートキーパーになるために特別な資格はいりません。

ゲートキーパーの役割

きづく

【STEP1】

きづく

~家族や仲間の変化に気づいて、声をかける~

 

あなたの周りの方の様子が、「何かいつもと違うな」と感じたときは、

声をかけてみて、「心配している」というメッセージを伝えましょう。

まずは大切な人のこころのサインに気づくことが大切です。

きく

【STEP2】

きく

本人の気持ちを尊重し、耳を傾ける~

 

話をきくときには、相手の話を批判せず、じっくり耳を傾けることが大切です。

「話をきいてもらうだけで安心した」という方も多くいるのです。

つなぐ【STEP3】

つなぐ

早めに専門機関に相談するよう促す~

 

自らいのちを絶ってしまう要因には、さまざまなものがあります。

話をじっくりときき、本人の気持ちを受けとめてから、

必要があれば、医療機関や専門機関へ相談をつなげてください。

【STEP4】

みまもるみまもる

~温かく寄り添いながら、じっくりと見守る~

 

身体やこころの健康状態について、

以前と変わらない自然な雰囲気で声をかけましょう。

期待どおりに回復しなかったり、逆戻りしているように見えても、

焦らずに声をかけながら、程よい距離感で見守っていきましょう。

こんなサインに要注意

悩みを言葉にして話してくれなくても、いのちの問題につながる深刻な状態は、次のような形であらわれることがあります。これらのうちいくつあてはまれば該当する、というものではありませんが、複数あてはまる場合は、周囲が注意してみてあげる必要があります。

学校で見られるサイン

  • 自分のからだを自分で傷つけたり、危険な行為をするなど、自分を大事にしなくなる。
  • 身だしなみに気を配らなくなったり、派手になるなど、外見が変化する。
  • どこか投げやりな態度が目立つようになる。
  • 欠席や遅刻、早退が目立つようになる。
  • いらいらが目立ち、怒りっぽくなったり、キレやすくなる。
  • 友達と交わるのを避け、孤立するようになる。
  • もともと見られた性格が極端になる(妙にハイテンションになる、ひきこもりがちになるなど)。
  • 勉強に身が入らず、成績が低下する。

職場で見られるサイン

「けちな飲み屋」サイン(うつ病の症状が現れていることが疑われるサイン)

  • ……勤が多くなる。
  • ……刻、早退が多くなる。
  • ……き言を言う。
  • ……率が低下する。
  • ……スや事故が多くなる。
  • ……めたいと言い出す。

/eisei/gyomu/seisin/knows/images/arrow_pagetop.jpgこのページの先頭へ

メンタルヘルス・ファーストエイドとは

専門家の支援につなげることも大切ですが、メンタルヘルスの問題を持つ人に対して、専門家でなくとも実行できる対応法として「メンタルヘルス・ファーストエイド」というものがあります。「メンタルヘルス・ファーストエイド」は、5つの基本ステップで構成されています。頭文字をとって、「りはあさる」と覚えましょう。

  • ……スクの評価をする。

⇒どれくらい危険性(リスク)があるか確かめましょう。自殺の可能性について尋ねることは、自殺の危険性を高めることにはなりません。むしろ問題を軽く見ず、真剣に聞いていることが伝わることが多いです。

(例)自殺の方法についてどれくらい具体的に考えているか尋ねてみる。

「消えてしまいたい、死にたい」と思っているの?」と尋ねてみる。

  • ……断や批判をせずに話を聴く。

⇒どんな気持ちなのかを話してもらい、否定せずに聴きましょう。決して責めたり、弱い、怠けていると決めつけないようにしてください。周りの人がじっくりと話を聴くこと自体が極めて重要な支援です。

  • ……心感と情報を与える。

⇒現在の問題は、弱さや性格の問題ではなく、医療が必要な状態であること、決して珍しいことではなく、適切な治療で良くなる可能性があることを伝えましょう。

  • ……ポートを受けるように薦める。

⇒適切な専門家のもとへ行くよう伝えましょう。具体的には、専門機関への相談や、心療内科や精神科の受診を勧めるなどです。

  • ……セフヘプを勧める。

⇒気持ちを和らげるために自分でできる対処法を勧めましょう。

(例)アルコールをやめる、軽い運動をする、リラクゼーションを行う、身近な人に話をするなど

どこに相談したらいいかわからないときは

こころの健康相談統一ダイヤル 0570-064-556

札幌こころのセンター

こころの健康づくり電話相談

(札幌市民の方のみ)

011-622-0556

平日9時~17時(土・日・祝日を除く)

※上記以外の時間は、こころの健康相談統一ダイヤルで対応

 

このページについてのお問い合わせ

 札幌こころのセンター(札幌市精神保健福祉センター)

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19 4階

電話番号:011-622-5190(事務番号) / 011-622-0556(相談番号)

ファクス番号:011-622-5244

このフォームからは、ご相談は受け付けておりません。ご相談については、相談専用電話011-622-0556へお問い合わせいただきますようお願いいたします。