ここから本文です。

更新日:2014年10月14日

札幌市の自殺の現状

知っていますか札幌市の自殺の現状

平成9年より自殺者数及び自殺率が増加しており、現在まで高水準で推移しています。

〈自殺者数の推移〉 (単位:人)
自殺者数の推移

〈自殺率の推移〉 (単位:人口10万人あたり)
自殺率の推移
資料:厚生労働省「人口動態統計」より

年代別状況

札幌市の自殺者数は、平成23年まで横ばいでしたが、平成24年で大幅に減少しました。
平成21年から平成24年にかけて、30代、50代の自殺者数は減少し、70代は増加しています。
平成21年、平成22年は50代の自殺者が最も多いですが、平成23年以降は40代となっています。

〈年代別自殺者数(総数)〉  (単位:人)
年代別自殺者数

〈年代別自殺者の割合(総数)〉
年代別自殺者の割合
資料:内閣府「地域における自殺の基礎資料」より

職業別状況

平成21年から平成24年にかけて、「自営業・家族従業者」「その他の無職者」が減少しています。
「失業者」の自殺者数は平成23年に微増し、平成24年も横ばいでした。
平成24年は全体の自殺者数が減少しているため、自殺者に占める「失業者」の割合は増加傾向にあるといえます。

〈職業別自殺者数(総数)〉 (単位:人)
職業別自殺者数

〈職業別自殺者の割合(総数)〉
職業別自殺者の割合
資料:内閣府「地域における自殺の基礎資料」より

原因・動機別状況

札幌市の自殺の原因・動機の上位は、「健康問題」「経済・生活問題」「家庭問題」であり、平成21年以降は変わっていません。
平成21年から平成24年にかけて、「家庭問題」の占める割合が増加しています。

〈原因・動機別件数(総数)〉(複数計上・不詳を除く)
原因・動機別件数(総数)

〈原因・動機別割合(総数)〉(複数計上・不詳を除く)
原因・動機別割合(総数)
資料:内閣府「地域における自殺の基礎資料」より

札幌市における自殺の概要

ダウンロードは、こちら

札幌市における自殺の概要(PDF:3,175KB)

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

 札幌こころのセンター(札幌市精神保健福祉センター)

〒060-0042 札幌市中央区大通西19丁目 WEST19 4階

電話番号:011-622-0556

ファクス番号:011-622-5244

このフォームからは、ご相談は受け付けておりません。ご相談については、相談専用電話011-622-0556へお問い合わせいただきますようお願いいたします。