• ホーム
  • 折々の手続き
  • サービス一覧
  • お知らせ
  • 中央区の紹介
  • まちづくり
  • 施設案内

ここから本文です。

更新日:2023年1月16日

幌西地区の出来事

新年子どもの集い
令和5年1月14日(土曜日)、午前10時30分から、幌西小学校(中央区南10西17)において、幌西地区連合町内会青少年部、青少年育成委員会、幌西児童会館の共催による「幌西地区新年子どもの集い」が開催され、会場には、地域の子どもたち、保護者など150名が集まりました。

この日は、北海道警察隊によるコンサートが行われ、カラーガード隊等、迫力のあるパフォーマンスも交えて演奏されました。

また、南警察署からはSNSによる犯罪を防止する観点から、サイバーセキュリティ等の注意喚起がありました。

子どもたちは、演奏に聞き入り、楽しいひと時を過ごしていたようです。また、北海道警察音楽隊の素晴らしい演奏に、会場からは大きな拍手が送られていました。

新着情報

新着情報一覧を見る

 

地区の紹介

幌西地区

幌西地区子ども相撲大会

幌西地区は、明治4年に山形県人佐藤三蔵らが開墾に着手したのが始まりです。明治7年に山鼻村となり、同9年には屯田兵が西屯田に入植し、まず農地としての開墾がなされました。
同40年には、伏見稲荷神社が琴似村から移り、藻岩山ろく一帯が「伏見」とよばれるようになりました。
昭和初めまで近郊農業地帯として発展し、一時は牧場もありました。
戦後は閑静な住宅地となり、現在に至っています。伏見稲荷神社境内の土俵では「子ども相撲大会」が行われています。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市中央区市民部幌西まちづくりセンター

〒064-0811 札幌市中央区南11条西14丁目1-20

電話番号:011-561-3256