• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > まちづくり > 女性に対する暴力をなくす運動

ここから本文です。

更新日:2020年11月16日

男女共同参画事業

内閣府男女共同参画局では、毎年6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」として、また、11月12日から25日の2週間を「女性に対する暴力をなくす運動期間」として、様々な取組を通じ、男女共同参画社会基本法の目的や基本理念について理解を深めることを目指しています。

厚別区では、この期間に合わせ、広報および啓発活動の一環としてパネル展などを実施しています。

[6月開催]男女共同参画パネル展(WEBパネル展)

令和2年度パネル展(WEBパネル展)は終了しました。

ご覧いただきありがとうございました。(令和2年6月23日~令和2年7月31日)

[11月開催]女性に対する暴力をなくす運動

夫・パートナーからの暴力、性犯罪、売買春、セクシュアルハラスメント、ストーカー行為等、女性に対する暴力は、女性の人権を著しく侵害するものです。

暴力は、性別や加害者・被害者の間柄を問わず、決して許されるものではありません。(もちろん、男性に対する暴力も許されません。)

厚別区では、国が定めた令和2年度のテーマ「性暴力を、なくそう」を中心に、「女性に対する暴力をなくす運動」の認知度向上を図る取組を実施します。

皆さんの関心が、自分を・家族を・友人を救うことになるかもしれません!

◆今回は・・・

たくさんの人に、たくさんご覧になっていただきたく、地下鉄新さっぽろ駅構内で啓発を実施します。

女性に対する暴力をなくす運動期間の2週間、地下鉄構内全体がパープルリボンに包まれます。

◆パネル展

 「今、身近でおこっていること」「あなたに知っておいてほしいこと」「わたしたちにできること」について、わかりやすくご紹介します。

日時 令和2年11月12日(木曜日)〜11月25日(水曜日)地下鉄営業時間内(最終日は午前中まで)

会場 地下鉄新さっぽろ駅構内(1番出口通路)

◆パープルリボンとは

パープルリボンには、女性に対するあらゆる暴力をなくしていこうというメッセージが込められています。パープルリボン

パープルリボン運動は、1994年にアメリカ合衆国ニューハンプシャー州のベルリンで始まりました。現在は40カ国以上に拡がり、国際的な草の根運動のネットワークに発展しています。

パープル(紫色)のリボンやキルトを身につけることや身近なところに飾ることは、女性に対する暴力根絶の意思を示します。 

◆共催企画

 期間中、共催企画として、厚別図書館において関連図書のミニ展示を行います。

日時 令和2年11月12日(木曜日)~11月24日(火曜日)

 火~木曜日:9時15分~19時、金~月曜日・祝・休日:9時15分~17時

場所 厚別図書館1階

詳細 厚別図書館(011-894-1590)

◆会場の様子

 新札幌へお越しの際は是非ご覧ください!

 

ホーム

 柱 パネル 

 9ー1 9-2

 空中歩廊1 空中歩廊2 

7 

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部地域振興課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2442

ファクス番号:011-895-5930