• ホーム
  • 手続き・暮らしの情報
  • 区によくある質問
  • 行事予定
  • 施設案内

ホーム > まちづくり > 男女共同参画事業

ここから本文です。

更新日:2022年6月22日

男女共同参画事業

内閣府男女共同参画局では、毎年6月23日から29日までの1週間を「男女共同参画週間」として、また、11月12日から25日の2週間を「女性に対する暴力をなくす運動期間」として、様々な取組を通じ、男女共同参画社会基本法の目的や基本理念について理解を深めることを目指しています。

厚別区では、この期間に合わせ、広報および啓発活動の一環としてパネル展などを実施しています。

厚別トモカジ写真展

 

厚別トモカジ写真展

 

皆さんは「トモカジ」という言葉をご存知ですか?

トモカジ(共家事)とは、家族やパートナーなど、一緒に暮らしている人と共に家事を楽しむことを言います。

 

厚別区地域振興課では、6月23日(木)から6月29日(水)まで実施される、男女共同参画週間に併せて、「厚別トモカジ写真展」を開催いたします。

 

男女共同参画とは、男女が社会の対等な構成員として、自らの意思によって社会のあらゆる分野における活動に参画する機会が確保され、男女が均等に政治的・経済的・社会的・文化的利益を享受することができ、共に責任を担うことをいいます。

言葉にすると難しく感じられますが、今回はまず、家事に視点を置いてみましょう。

 

「自分の生活にはどんな家事があるのか」

「いまは誰がその家事をやっているのか」

 

これらを考えてみることで、家事だけではなく、

一緒に暮らしている家族やパートナーのことを考えるきっかけになるかもしれません。

 

厚別トモカジ写真展では、夫婦、親子、ルームメイトなど、一緒に暮らしている人と、共に楽しく家事・育児を行っている写真を募集します。

この機会に少しだけ、あなたの家事を振り返ってみませんか?

 

募集要領

「令和4年度 厚別トモカジ写真展」募集要領(PDF:500KB)

※応募にあたっては、上記の募集要領を必ずご確認ください。

 

どんな写真展?

◇募集テーマ

「みんなで取り組むトモカジ」 

 夫婦、親子、ルームメイトなど、一緒に暮らしている人と、共に楽しく家事・育児を行っている写真を募集します。

 

◇募集期間

 令和4年6月23日(木)から令和4年7月21日(木)まで

 

◇応募方法

1 日常の中で、一緒に暮らしている人と、共に楽しく家事・育児に取り組んでいる写真を撮影

2 以下、5点をメール本文に記載

  ① 氏名

  ② 年齢

  ③ 住所

  ④ 作品タイトル

  ⑤ 応募写真を撮影したときのエピソード(どういった状況だったか、どんな風に取り組んだか等)

3 上記内容及び応募写真に不備がないことを確認し、募集要領を確認の上、厚別区役所地域活動担当係宛に、メールを送付。

※メール以外でのご応募は受け付けておりませんので、ご了承願います。

応募メールアドレス:atsubetsu.chikatsu@city.sapporo.jp

 

◇応募作品展示

 応募作品は令和4年7月27日(水)以降、厚別区役所公式ホームページにて公開いたします。

 

◇投票

1 投票方法

  本ホームページの投票専用フォームより、最も「みんなで家事を楽しんでいる」と思う作品に投票ください(お一人につき一票)。※同一人物が複数投票していることが判明した場合、最初の一票のみ有効とします。

2 投票期間

  令和4年7月27日(水)から令和4年8月10日(水)まで   

 

◇入賞

1 入賞作品

ホームページでの投票により、投票数の多い上位5作品を入賞作品とします。投票数が同数の作品が複数ある場合には、事務局で抽選を行い、順位を決定します。

2 景品内容

  3,000円分のQUOカード

3 景品の受け渡し方法

      郵送でお送りいたします。

4 投票結果

  令和4年8月下旬に、厚別区ホームページにて入賞作品を発表いたします。

5 備考

  ・入選者へのご連絡につきましては、発送をもって代えさせていただきます。

      ・投票結果に対するお問い合わせにはお答えできません。

 

◇ 募集ポスター

厚別トモカジ写真展 ポスター(PDF:480KB)

 

トモカジパネル展

トモカジに関するパネル展を開催いたします。

トモカジやワークライフバランス、これからの働き方について掲載しておりますので、

ぜひご覧ください。

◇期間 令和4年6月22日(水)~令和4年6月24日(金)

◇会場 サンピアザ1階「光の広場」(厚別区厚別中央2条5丁目7-2)

◇費用 無料

家事をする男性  料理をする女性

 

[11月開催]女性に対する暴力をなくす運動

 令和3年度は、国が定めた令和3年度のテーマ「性暴力を、なくそう」を中心に、「女性に対する暴力をなくす運動」啓発イベントを実施いたしました。

 ご覧いただき、ありがとうございました。

 

panel1

「性暴力」について皆さんに知っていただくことを目的に、「性暴力の誤解」についてWEBパネル展を開催いたしました。

 

 panel3

地下鉄新さっぽろ駅構内、サンピアザ2階東側横断歩道橋に啓発ポスターを掲示しました。

【日時】 令和3年11月12日(金) ~令和3年11月25日(木)

【会場】 地下鉄新さっぽろ駅構内、サンピアザ2階東側横断歩道橋

※最終日は午前中までの開催

<会場の様子>

poster1

panel2

panel3

panel4

 

panel4

期間中、共催企画として、厚別図書館において関連図書のミニ展示を行います。

日時 令和3年11月11日(木曜日)~11月23日(火曜日)

 火~木曜日:9時15分~19時、金~月曜日・祝・休日:9時15分~17時

場所 厚別図書館

詳細 厚別図書館(011-894-1590)

 

 pael5

パープルリボンには、女性に対するあらゆる暴力をなくしていこうというメッセージが込められています。

パープルリボン運動は、1994年にアメリカ合衆国ニューハンプシャー州のベルリンで始まりました。現在は40カ国以上に拡がり、国際的な草の根運動のネットワークに発展しています。

パープル(紫色)のリボンやキルトを身につけることや身近なところに飾ることは、女性に対する暴力根絶の意思を示します。

◆相談窓口

『女性に対する暴力 相談窓口』(PDF:1,060KB)

上記相談窓口では、様々な女性に対する暴力に関する相談を受け付けております。

1人で悩まず、早めにご相談ください。

パープルリボン

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市厚別区市民部地域振興課

〒004-8612 札幌市厚別区厚別中央1条5丁目3-2

電話番号:011-895-2442  内線:506

ファクス番号:011-895-5930