ここから本文です。

更新日:2011年1月16日

エゾシカ・オオカミ舎

エゾシカ・オオカミ舎

食物連鎖の関係にあるエゾシカとオオカミは、かつて北海道の雄大な自然環境の中で絶妙なバランスを保ちながら共存していました。
この施設では、北海道の開拓に伴い、生存を左右させられたエゾシカとオオカミを北海道の森をイメージした動物舎に一緒に展示します。エゾオオカミが絶滅に至った経緯と、急増による農業被害などにより道の保護管理計画の中にいるエゾシカを対比することで、北海道の自然環境を考えるための環境教育の場とすることを目指しています。

また、動物たちが快適に過ごしやすい自然に近い環境づくりと、お客様もゆっくりくつろいで観覧できるよう配慮しています。
施設内部では、ガラス越しに両方の動物たちを間近に見ることができ、家族そろって休息しながら、生き生きとした動物たちや北海道の森に棲む動物たちにちなんだ展示物と森の臭いが広がる仕掛けを楽しみながら観覧できます。
エゾシカ放養場のオープンデッキでは、エゾシカを間近に観察でき、オオカミ放養場では、動き回るオオカミの姿をブリッジ、展望デッキ及び多くののぞき窓など様々な角度から観察できるよう工夫しています。
また、多目的トイレ・授乳室・キッズルーム(森のひろば)など、バリアフリーにも配慮した設計です。

施設概要
・竣工日 平成20年3月27日
・建物 鉄骨造り2階建 約597平方メートル(延床面積)
エゾシカ放養場 約634平方メートル
オオカミ放養場 約493平方メートル


園内施設マップへもどる

円山動物園のトップへもどる

このページについてのお問い合わせ

札幌市円山動物園

〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘3番地1

電話番号:011-621-1426

ファクス番号:011-621-1428